Rakuten infoseek

辞書

地謡【じうたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地謡
じうたい
能楽用語。斉唱での地 (じ) の部分をうたってシテその他の演技を助ける人たち。またそのときにうたわれる地の謡。通常8人程度の人数で舞台に向って右手の地謡座に2列に並びうたわれる。後列中央寄りの1人を「地頭 (じがしら) 」といい,地謡を統率する。地謡はシテ方から出る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ‐うたい〔ヂうたひ〕【地謡】
能で、謡曲地の文の部分を大勢で謡うこと。また、その人々やその謡。シテ方が受け持つ。
狂言で、の部分を大勢で謡うこと。また、その人々。囃子座(はやしざ)後方に横に並び、狂言方が行う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じうたい【地謡】
能および狂言の用語。(1)能や狂言のほか,舞囃子,仕舞,素謡小舞などにおける合唱団で,謡曲の構成部分である地謡の個所を斉唱する。上下や紋付袴姿で舞台に着座し,扇子をもって謡う。能では,シテ方が担当し舞台右側の〈地謡座〉に6~10人が2列に座り,後列中央の〈地頭(じがしら)〉がリードする。狂言では,舞台後方の後(あと)座に3~5人が1列に座り,同じく中央の地頭がリードする。舞囃子や仕舞,素謡は,座る位置がそれぞれ異なる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じうたい【地謡】
能または狂言で、登場人物の役者(シテ・ワキなど)以外の演者たち(通常六~一二人)によって斉唱される謡。また、その演者たち。地謡座に列座して、主に地の文(人物の発言以外の状況説明的部分)を斉唱する。地方じかた。地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

地謡
じうたい
能における地の詞章の部分。地、同音ともいう。またそれを担当する斉唱団(地謡方(かた)、地方(じかた))。能の場合6~12人出て能舞台の右手(地謡座)に横向きで2列に正座する。裃(かみしも)または紋服に袴(はかま)で、扮装(ふんそう)はしない。後列中央(偶数の場合は流儀によって右あるいは左)がリーダーで地頭(じがしら)といい、音階、リズムほかすべてをつかさどる。地謡方はシテ方から出るが、なかには地謡専門で型を舞わぬ人もある。地謡の内容は、第三者側からの説明や叙情、叙景ばかりではなく、登場人物の台詞(せりふ)の代弁、心理描写の場合も多い。狂言でも3~5人の地謡を出すことがあるが、能の仕舞(しまい)のときのように、舞台中央奥に正面に向かって座り地謡座は用いない。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地謡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地謡の関連情報

他サービスで検索

「地謡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.