Rakuten infoseek

辞書

地虫【じむし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地虫
じむし
鞘翅目コガネムシ科およびクワガタムシ科の昆の幼虫の俗称。体は円筒形で肉質,体色は胴部の大部分が乳白色,頭部が赤褐色,尾部が灰黒色,尾端は曲がっている。その名が示すように地中にすみ,農作物,樹木,草の根を食べるので,害虫とされるものが多い。すくもむし,ねきりむし,入道虫がおもなものである。またケラなど地中で生活する昆虫も含めて地虫ということがあるが,この場合は地方や季節などにより種類が異なる。(→昆虫類鞘翅類

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ‐むし〔ヂ‐〕【地虫】
コガネムシ科の昆虫の幼虫の総称。体は乳白色または黄褐色の円筒形で、C字状に曲がる。頭は褐色。地中で植物の根などを食する。また、ケラなど地中にすむ昆虫をいうこともある。
[補説]書名別項。→地虫

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じむし【地虫】[書名]
難波利三の小説。昭和47年(1972)、第40回オール読物新人賞を受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じむし【地虫】
コウチュウ目コガネムシ科の食菜類の幼虫の俗称。体は白色で軟らかく、 C 字状に曲げている。頭部は褐色でかたく、大きいあごをもつ。地中にすみ、植物の根を食害する。根切り虫。
地中にすむ虫の総称。 [季] 春。
[句項目] 地虫鳴く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

地虫 (ジムシ)
動物。コガネムシ科の食葉類の昆虫の幼虫の俗称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐むし ヂ‥【地虫】
〘名〙
① コウチュウ目コガネムシ科に属する昆虫の幼虫の俗称。体は肉質の円筒形でC字形に体を曲げている。全体に乳白色で頭部は褐色を帯びる。地中にすみ、植物の根や腐植物を食べるので、農作物、樹木の害虫となるものが多い。ケラなど地中で生活する昆虫をも含めていうこともある。すくもむし。ねきりむし。入道虫。〔運歩色葉(1548)〕
※俳諧・毛吹草(1638)五「地虫さへさまをかへてや蝉衣〈政公〉」
② その土地の遊び客。
雑俳・呉竹集(1859)「異見が身に染み・地客(ぢムシ)に惚れぬ胸すへる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地虫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地虫の関連情報

他サービスで検索

「地虫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.