Rakuten infoseek

辞書

地蔵崎【じぞうざき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地蔵崎
じぞうざき
別称関崎。大分県東部,佐賀関半島の先端をなす速吸瀬戸 (豊予海峡) にのぞむ海上交通の要地で,灯台がある。また景勝の地で日豊海岸国定公園に属する。地名役小角ゆかりの地蔵仏のあることに由来。また別称は藤原純友の乱のときに始るといわれる関所佐賀関による。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じぞう‐さき〔ヂザウ‐〕【地蔵崎】
《「地蔵埼」とも書く》島根県北東部、松江市美保関(みほのせき)町にある岬。島根半島東端に位置し、フランス人が設計した美保関灯台がある。大山(だいせん)隠岐(おき)国立公園に属する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じぞうざき【地蔵崎】
大分県東部,佐賀関半島先端の岬。一般には関崎と呼ばれる。眼前の豊予海峡(速吸瀬戸(はやすいのせと))は航海の難所で,養老年間(717‐724)役行者(えんのぎようじや)がここで難破したとき,地蔵尊があらわれたという伝説によってこの地名がついたといわれる。白亜の関崎灯台(1901建設)からの展望はすばらしく,ウミネコの生息地として有名な高島や,対岸の佐田岬,さらに遠く四国の山々が望める。【勝目 忍】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じぞう‐ざき ヂザウ‥【地蔵崎】
[一] (「じぞうさき」とも) 島根県、島根半島東端の岬。古くは、三穂崎(美保埼)といわれ、事代主命(ことしろぬしのみこと)が釣りをした所と伝えられる。
[二] 大分県、佐賀関半島先端の岬。豊予海峡を隔てて、愛媛県の佐田岬と対する。関崎ともいい、関崎灯台がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地蔵崎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地蔵崎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.