Rakuten infoseek

辞書

地溝【ちこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地溝
ちこう
graben
ほぼ平行に走る2つの断層崖に限られた凹地。両側が直線状をなす山麓線を示し,凹地は一般に狭長である。地の中の谷を,リフトバレーという。地溝では,地震活動,重力異常,地殻,熱流量などが異常を示す。これらは広域的な張力場であることを示し,プレートテクトニクス説では,ここでプレートが湧出し両側に広がっていく場であるとされている。紅海,死海などが代表的なである。 (→地塁 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ち‐こう【地溝】
ほぼ平行に走る二つの断層間の、溝状に落ち込んだ細長い土地。アフリカ大地溝帯ドイツライン地溝帯などは、その大規模な例。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちこう【地溝 graben】
周囲に比べ相対的に沈降した細長い地塊で,その延長方向に沿う断層により周囲の地塊と区切られているもの。逆に,隆起した地塊は地塁という。日本では石川県の邑知潟(おうちがた)地溝がその代表。世界的にはライン地溝,オスロ地溝などが有名。地殻の大規模な曲隆あるいは伸張による断層運動がその成因と考えられている。本来は地質構造の用語であるが,地形にあらわれている場合には地形に対して用いることもある。また最近,大規模でかつ地形的に明瞭な場合はリフトバレーrift valleyという用語を用いることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちこう【地溝】
地塁に対し、平行する二つの断層群によって断ち切られ、溝状に落ち込んだ凹地。アフリカ大地溝帯やライン川の地溝帯などはその大規模な例。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

地溝
ちこう
grabenrift
地層の両側を断層あるいは断層群によってくぎられ、その間が周囲に対して相対的に落ち込んだ細長い地帯。大規模な地溝はとくに地溝帯rift zoneとよばれる。地溝や地溝帯は多くの場合、正断層群によって形成される。地溝の両側の正断層はいずれも地溝側に傾斜した断層面をもつ。正断層が片方にしか存在しないものは半地溝とよばれる。現在でも活動している地溝帯のなかには、中央海嶺(かいれい)に接続し、全地球的なプレートシステムの一部を構成しているものもある。アフリカ大地溝帯はその代表例で、アフリカ大陸が割れて両側に離れつつあり、将来は海水が浸入して東アフリカ海という海が形成されると考えられている。[伊藤谷生・村田明広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ち‐こう【地溝】
〘名〙 ほぼ平行な二つの断層崖間の窪地。〔英和和英地学字彙(1914)〕 〔水経注‐河水〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地溝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地溝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.