Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

地気【チキ】

デジタル大辞泉

ち‐き【地気】
《「ぢき」とも》
大地の精気。動植物の成育を助ける地の生気。
地から立ちのぼる気。水蒸気。
土壌中の空気。炭酸に富み、酸素が少ない。
その土地の気。気候。
「―清潔にして、人に疾病少きを以て」〈輿地誌略・四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちき【地気】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちき【地気】
動植物をはぐくむ大地の精気。
地から立ち上る気。水蒸気。
土壌中の空気。
風土。気候。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ち‐き【地気】
〘名〙 (「ぢき」とも)
① 大地の精気。動植物の生育を助ける地の生気。
※仮名草子・かなめいし(1663)中「おなし所ながらつよくゆるとよわきとは地気(ヂキ)のわざなれば、さしてあやしむにたらず」
※文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉初「樹木が根の地気(ヂキ)を吸ふ潤ひで枝葉の繁る様に」
② 地面から立ちのぼる気。水蒸気。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・境致・題渺温湯「地気薫蒸烟焼余、無窮泉脈甚焚如」
※読本・英草紙(1749)一「あれこそ山峰に雲を出だすがごとくにて、地気(チキ)のなす所」 〔礼記‐月令〕
③ その土地の気。気候。風土。
※十善法語(1775)八「天気ただしくして地気応ず」 〔周礼‐考工記〕
④ 土壌中の空気。炭酸に富み酸素が少ない。
⑤ 接地。アース。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐き ヂ‥【地気】
〘名〙 ⇒ちき(地気)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地気」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地気の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.