Rakuten infoseek

辞書

地方鉄道【チホウテツドウ】

デジタル大辞泉

ちほう‐てつどう〔チハウテツダウ〕【地方鉄道】
一地方内での交通便をはかることを目的として、地方公共団体または私人が敷設した鉄道

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちほうてつどう【地方鉄道】
日本の民営鉄道で,主として道路に敷設されるもの(路面電車など)を軌道といい,それ以外のもの(原則として道路外に敷設)を1987年まで地方鉄道と呼んでいた。地方鉄道業を営むには運輸大臣免許が必要であり,運賃,運転速度など一定の事項については認可が必要であった。地方鉄道の軌間は1067mmまたは1435mm,762mmを原則とした。また地方鉄道は人力馬力等を動力とすることはできなかった。87年の鉄道事業法施行により,旧国鉄も地方鉄道も同じ鉄道事業法で規制されるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

地方鉄道
ちほうてつどう
地方鉄道法(大正8年法律第52号)の規定に基づいて、地方公共団体または私人が一般公衆の利用のために、運輸大臣の免許を受けて敷設した鉄道。軌道と異なり、特別の場合を除き道路上に敷設することはできなかった。1987年(昭和62)の地方鉄道法の廃止に伴い、地方鉄道という法制上の用語はなくなった。現在は、JRグループ、大手私鉄、準大手私鉄、公営鉄道を除く鉄道の総称として用いられることがある。[新納克広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちほう‐てつどう チハウテツダウ【地方鉄道】
〘名〙 一地方の交通を目的として一般公衆の用に供するため、都道府県その他の公共団体または民間人が、敷設した鉄道。昭和六二年(一九八七)地方鉄道法の廃止により、法制上の用語は消滅した。〔地方鉄道法(大正八年)(1919)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方鉄道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地方鉄道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.