Rakuten infoseek

辞書

地方支分部局【ちほうしぶんぶきょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地方支分部局
ちほうしぶんぶきょく
国家行政組織において,,省,委員会,の所掌事務を分掌させる必要がある場合に,法律に基づいて地域的に設置される機関 (国家行政組織法) 。地方出先機関ともいう。国税庁国税局税務署国土交通省の地方運輸局,港湾局厚生労働省公共職業安定所などがその例である。区域は北海道,東北関東などの広域ブロック (管区) ,府県その他に分かれ,その職員国家公務員の約6割を占める。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちほう‐しぶんぶきょく〔チハウ‐〕【地方支分部局】
省庁など国の行政機関の地方出先機関総称法務省法務局財務省財務局、国税庁の国税局気象庁地方気象台など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちほうしぶんぶきょく【地方支分部局】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

地方支分部局」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地方支分部局の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.