Rakuten infoseek

辞書

地形学【ちけいがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地形学
ちけいがく
geomorphology
地表面の形態実態をとらえ,その形成過程,形成機構などを追究する学問。 19世紀末から 20世紀初頭にかけて主として W.デービスが体系化し基礎を築いた比較的新しい学問。デービスの浸食輪廻説,A.ペンク地表形態学や氷河地形の研究,W.ペンク地形分析などによって発展した。日本では地理学分科として扱われることが多いが,本来は地球科学の一分野であると考えられる。地表面の形態は地球内部の営力と山を削って平らにする風,雨その他の外力の総和であるので,その成因,形成機構を問題にするかぎり,気象学,地質学,地球物理学など地球科学の各分野と密接な関係をもっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちけい‐がく【地形学】
地理学の一部門。地表の形態およびその成因・発達史などを研究する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちけいがく【地形学 geomorphology】
自然地理学の一分野で,地表の形態すなわち地形を研究する学問。地形学ではおもに地形の分類,記載を行うが,一つの地形が形成される要因を考察するにあたっては,流水,氷雪,波浪などの地形に働く諸作用および地盤運動の性質を知る必要がある。その場合,ある地域内の地形を説明的に記載する分野と,一般的な法則を追求する分野とがある。前者は地形誌,地形発達史の記載および地形区分を行う場合であり,後者の場合には数量的な計測が重視される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちけいがく【地形学】
地表の形態・特徴・成因・発達史などを研究する自然科学の一分野。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

地形学
ちけいがく
地表の起伏形態を対象とし、その特徴、成因、発達過程などを研究する自然科学。英語のgeomorphologyは、geo(earth=土地)、morphe(form=形態)、logos(discourse=論述)のギリシア語に由来し、地表の形態に関する論説を意味する。地形は地域の構成要素であり、人間活動の環境要素の一つとして重視され、ヨーロッパでは地形学は地理学の一部門として発達した。地形は岩質や地質構造を反映することが多く、また、約200万年の短時期で、気候変化の著しかった第四紀の地史の研究には、進化の遅い生物の化石や、小事変では変化が認知しがたい地質事象よりも、段丘地形の発達が有力な資料となる。アメリカ合衆国では地形学は地質学の一部門とみなされて発達した。[壽圓晋吾]

地形学の歴史

地形学が発達したのは、イギリスのライエルが「現在は過去の鍵(かぎ)である」とする斉一(せいいつ)説(同一過程説)を確立した19世紀後半以降である。アメリカではパウエルJ. W. PowellやギルバートG. K. Gilbertなどが地形学の発達に貢献し、デービスは侵食輪廻(りんね)を提唱して地形学の発達を階梯(かいてい)、すなわち地形の発達段階の概念で系統的に説明した。ドイツではフンボルト、リッター、リヒトホーフェンに次いでA・ペンクが現れ、彼が著した『地表の形態学』(全2巻、1894刊)は地形学を地形発生論的見地から論じるものであった。また、地理学者・気候学者であったブリュックナーとともに『氷期時代のアルプス』(全3巻、1901~09刊)を著して、新生代更新世(洪積世)に四氷期を認めた。A・ペンクの子であるW・ペンクは、地殻運動の性質を、知ることを主題とする『地形分析』(1920刊)を著し、とくに斜面地形研究の発達に寄与した。フランスではマルトンヌがデービス地形学の影響を受けながらも、地形プロセス(地形を改変する諸作用とその過程)を重視する地形学を打ち立て、動地形学gomorphologie dynamique(フランス語)や気候地形学の発達への道を開いた。
 これら歴史的な成果を引き継いだ現在の地形学では、(1)地史的な時代順に地形の発達を考察する発達史的研究、(2)河川・海岸・斜面などでみる地形プロセスを計測的・実験的に研究し、地形変化の規模や速さを定量的に把握しようとする営力的研究、(3)前記(2)の成果のうえに地形災害の防止対策や土地開発を計画する応用地形学の研究、(4)地形を統計的あるいは理論的に究明しようとする理論地形学の研究、などが行われ、気候地形学や動地形学のいっそうの発展が期待されている。[壽圓晋吾]
『A・L・ブルーム著、榧根勇訳『地形学入門』(1970・共立出版) ▽F・マハチェック著、松尾新一郎監訳『地形学』(1975・技報堂出版) ▽H・ウィルヘルミー著、谷岡武雄・北野善憲訳『地形学』(1978・地人書館) ▽H・ウィルヘルミー著、谷岡武雄・北野善憲訳『気候地形学』(1979・地人書館) ▽町田貞著『地形学』(1984・大明堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちけい‐がく【地形学】
〘名〙 自然地理学の一分野。地表の形態(地形)とその性質・作用・変化・形成過程などを研究する科学。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地形学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地形学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.