Rakuten infoseek

辞書

地声【じごえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地声
じごえ
人間の音声の分類用語。生理学,音学,音楽学などでその概念定義に差がある。普通,人声の音域のうち低音域の胸声を意味し,高音域の頭声すなわち裏声に対するものとされるが,胸声,頭声とも共鳴の場所は同じである。地声は声帯筋の緊張により起きるもので,声帯は全長全幅にわたり振動する。これに対して裏声は輪状甲状筋の収縮のために輪状甲状関節が移動し,声帯は前後に引張られて声帯全長の一部のうち内縁の一部が振動する。ただし,音楽的な発声においては,地声と裏声のを判然としないように移行することもあり,その境の部分を中声ともいう。また地声は音楽としての発声 (歌声) によらない会話などの発声 (話し声) をいうこともあり,さらに,男声において特殊な発声による特に高音域の裏声に対して,単に普通の音楽的な発声をいうこともある。その他洋楽のベルカントの発声に対して邦楽的な発声をさしていうこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ‐ごえ〔ヂごゑ〕【地声】
その人が生まれつき持っている声。持ち前の声。「地声が大きい」
音楽で、裏声に対して、自然な発声法で出す声。→裏声1

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じごえ【地声】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じごえ【地声】
生まれつきの声。ふだんの声。
技巧的な発声をしない自然の声。 → 裏声うらごえ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐ごえ ヂごゑ【地声】
〘名〙
① 生まれつきの声。もちまえの声。
※俳諧・毛吹草(1638)五「空ゆかは地声に鳴な郭公〈正利〉」
② 邦楽で、平素の話し声と同じ声でうたう声。
※言継卿記‐永祿八年(1565)一二月一七日「予地声にて音曲八九番被諷了」
③ (「裏声」に対していう) 音楽で、自然な発声法で出しうる声。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地声」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地声の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.