Rakuten infoseek

辞書

地図投影法【ちずとうえいほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地図投影法
ちずとうえいほう
map projection
地球または天体とみなした回転楕円体 (あるいは球) の曲面上に仮定した経線と緯線による経緯線網を平面上に表わす方法で,地図作成と地図計測の基礎となる。その性質から,正距図法正積図法,その他に分けられる。また,平面上に表わした経緯線網の形状から,方位図法円錐図法円筒図法便宜図法に分けられる。なお,円錐図法と円筒図法を合せて地球の曲面を円錐または円筒に写してから平面に展開するものと考えられるので展開図法ともいう (仲介と考えた円錐,円筒を投影面という) 。方位図法は直接平面 (投影面) に写したものである。球の中心から投影面が水平の場合はそれにおろした垂線を,円錐や円筒の場合はそれらの軸を投影軸といい,投影軸が,地球の地軸と一致する場合を正軸 (極心) ,赤道上の場合を横軸 (赤道) ,その他の場合を斜軸 (地平) という。正軸の場合は特にことわり書きをしないが,その他の場合は本来の地図投影法の名称に「横軸」または「斜軸」の名称を冠することが多い。球からの地図投影法では,球面上の座標変換で正軸の場合から他の場合を導くことができるので,本来の経緯線網の形状は変るが,座標変換による新しく仮定する経緯線網の形状や投影の性質は変らない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちず‐とうえいほう〔チヅトウエイハフ〕【地図投影法】
球形をした地球表面を、平面である地図上に書き表す方法。投影の仕方によって投射図法便宜図法、投影面によって方位図法円錐図法円筒図法、表される地図の性質によって正角図法正距方位図法正積図法などに分類される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちずとうえいほう【地図投影法】
球面である地球表面を、平面上に書き表す方法。透視する視点の位置によって心射図法・平射図法・正射図法、投影面によって方位図法(平面図法)・円錐図法・円筒図法、描かれた地図の性能によって正角図法・正距図法・正積図法などに分類する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

地図投影法
ちずとうえいほう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちず‐とうえいほう チヅトウエイハフ【地図投影法】
〘名〙 地表の状態を平面上に投影して地図を作る方法。投影面から、方位図法・円錐(えんすい)図法、円筒図法に分けられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地図投影法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地図投影法の関連情報

他サービスで検索

「地図投影法」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.