Rakuten infoseek

辞書

地合(い)【ジアイ】

デジタル大辞泉

じ‐あい〔ヂあひ〕【地合(い)】
布地の品質。布の地質。また、布地。
義太夫節で、詞(ことば)以外の描写的な部分。旋律をつけて語る。
取引市場で、人気や雰囲気からみた相場の状態。場味。
囲碁で、対局途中での双方の占める地の割合。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じあい【地合】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じ‐あい ヂあひ【地合】
〘名〙
布地の品質。布の地質。また、布地そのもの。生地(きじ)。織り地。
浮世草子・好色床談義(1689)四「われは河内の木綿うりなるが、〈略〉是はそもじにやろふと思ひ、中でもぢあいよきをばのけておきたり」
② 義太夫節で、詞(ことば)以外の地の部分。説明的描写的で、朗読風な部分と歌うような節(ふし)の部分とがある。
※浄瑠璃道之枝折(1771)「地 と云は 三味線にあふやうにくぎりよりくぎりまで間よく節をかたるを地合と云」
③ 気があるようなそぶりをしてみせること。思わせぶり。
洒落本・箱まくら(1822)上「それは、おまへがいやな客にでも、じあいをして引つけるがわるい」
④ 囲碁で、対局の途中における白黒相互の地構えの釣合。この場合、確定地、地模様などすべてを含めて大きさを比較する。
⑤ 取引市場で、市場の人気、雰囲気などからみた相場の状態。場味

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地合(い)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地合(い)の関連情報

他サービスで検索

「地合(い)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.