Rakuten infoseek

辞書

地口銭【じぐちせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地口銭
じぐちせん
鎌倉,室町時代租税一種。「じぐちぜに」ともいう。段銭 (臨時に課する) に類するもので,おもに京都奈良などの都市において,朝廷幕府興福寺などが道路に面する家屋間口広狭に応じて賦課し,臨時の入費にあてた。室町時代中期,末期にはやや恒久化した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じぐち‐せん〔ヂぐち‐〕【地口銭】
室町時代、京都・奈良など都市の家屋や田畑に課された臨時の税。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じぐちせん【地口銭】
京都・奈良などの都市で,土地の間口の大きさに応じて賦課された臨時課税。原則としてその土地に居住する者が負担する。奈良では間別(まべち)ともいう。商工業発達によって都市内部の土地が経済的価値を持つようになったのに応じて設けられたもので,鎌倉時代末に,稲荷祭礼の費用として京都五条以南の地域に地口銭をかけたのが初期事例である。南北朝期に入ると,一般の寺社造営修理の費用を得ることを目的とした地口銭が数多く見られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じぐちせん【地口銭】
室町時代、京都・奈良などの都市の家屋や土地に課した臨時の税。道路に面した間口の広狭に応じて賦課。次第に恒常化した。間別銭まべつせん。地口。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

地口銭
じぐちせん
おもに南北朝~戦国時代に、室町幕府が京都など都市居住の商工業者の屋敷地や田畠(でんぱた)などに賦課した臨時の課税。伊勢大神宮(いせだいじんぐう)・内裏(だいり)・大社寺の造営や修理費、大嘗会(だいじょうえ)のための経費などを捻出(ねんしゅつ)するため臨時的に賦課したが、のちには恒常化の傾向を示している。その賦課・免除の権限は本来公家(くげ)政権が握っていたが、のちに室町幕府が徴収にあたったため、その権限も幕府に帰した。その賦課・割当ては「打つ」といわれ、道路に面した家屋の間口や洛中(らくちゅう)田畠の面積を測って地口帳を作成し、尺別(しゃくべつ)・段別(たんべつ)に賦課額が決定された。摂関家、門跡、東寺など有力社寺支配下の商工業者に対する地口銭は、免除されることもしばしばであった。[佐々木銀弥]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じぐち‐せん ヂぐち‥【地口銭】
〘名〙 中世、京都・奈良市内の家屋に対して臨時に課せられた税。道路に面した家屋の間口の広さに応じて課せられたもの。地口。
※大乗院寺社雑事記‐長祿二年(1458)四月一二日「近日京中、公家、門跡、高家を不嫌、悉以地口銭之」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地口銭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地口銭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.