Rakuten infoseek

辞書

地口行灯【ジグチアンドン】

デジタル大辞泉

じぐち‐あんどん〔ヂぐち‐〕【地口行灯】
江戸中期ごろから流行した、地口を書いた行灯。多くは戯画を描き添え、祭礼などに路傍に立てたり軒先に掛けたりした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じぐちあんどん【地口行灯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じぐち‐あんどん ヂぐち‥【地口行灯】
〘名〙 (「じぐちあんどう」とも) 地口を書いた行灯。多く戯画を添えて描き、祭礼の折などに路傍や軒先などに掛けられた。地口。
※雑俳・柳多留‐二八(1799)「雨こんこんと地口行燈仕舞」
※歌行燈(1910)〈泉鏡花〉二「柱の黒い家の状(さま)、恰も獺が祭礼(まつり)をして、白張の地口行燈(ヂグチアンドン)を掛連ねた、鉄橋を渡るやうである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地口行灯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地口行灯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.