Rakuten infoseek

辞書

地勢【チセイ】

デジタル大辞泉

ち‐せい【地勢】
高低や山・川の配置など、その土地全体のありさま

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちせい【地勢】
土地のありさま。山・川・平野・海など地理的事象の配置のありさま。地貌ちぼう
地形と同じ。特に、それを大観する場合に用いることが多い。
人の地位・立場。よって立つ所。 「 -大いなりといへども、賢慮足らざればその仁に当ることなし/盛衰記 1

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ち‐せい【地勢】
〘名〙
① 土地の形勢。地形高低・傾斜、谷・川・湖の配置など、自然のありさま。また、広く自然とそこに住む人間のありさま。地形。
※続日本紀‐天平九年(737)四月戊午「地勢平坦無危嶮
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「妓姿の情態、客子の游風、其の地勢に由て自ら異同有り」 〔周礼‐冬官・匠人〕
② 門地と勢力。家柄と実力。
※源平盛衰記(14C前)一「太政大臣は、訓導之礼重く儀刑之寄深ければ、地勢(チセイ)大といへ共」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地勢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地勢の関連情報

他サービスで検索

「地勢」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.