Rakuten infoseek

辞書

地割【じわり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地割
じわり
耕地,宅地,山林などを一定基準で区画すること。古代日本には条里制があり,明治以後は地割の一区画ごとに地字,地番を付しているが,江戸時代には特殊な地割の制度もみられた。すなわち村内の土地を共有し,一定面積に分けて村民に割当て,一定年限ごとに割替えるもので,地割制度とか,割替制度と呼び,水害の多い地方などにほぼ全国的に分布,貢租負担,土地利用の平等化を目的とした。村落共同体の慣行として行われる場合と藩の制度として行われる場合があった。郷町などには町割と称する地割がみられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ‐わり〔ヂ‐〕【地割(り)】
[名](スル)土地をある基準に基づいて区画し、割り振りをすること。ちわり。「露店の出店者を集めて地割りする」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐わり ヂ‥【地割】
〘名〙 一定の基準に基づき土地をきちんと区画すること。また、その土地。または、場所の割りふりをすること。〔文明本節用集(室町中)〕
※わらんべ草(1660)五「道成寺に、地(ヂ)わり有」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐われ ヂ‥【地割】
〘名〙 地面が割れること。地震や日照りなどのために、地面に割れ目ができること。また、その割れ目。
※俳諧・行々子(1836)「そこら中地われさせけり躑躅こき〈文艸〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ち‐わり【地割】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地割」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地割の関連情報

他サービスで検索

「地割」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.