Rakuten infoseek

辞書

地侍【じざむらい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地侍
じざむらい
中世の土豪的武士。階層的には有力名主層にあたり,鎌倉時代末期以降,幕府権力の衰退に伴って郷村の支配権を握り,領主化していった。南北朝時代室町時代には,地たちが同盟して一勢力をつくったり,百姓を指導して一揆を起したりして,政治の動向を左右した。戦国時代になると,次第に戦国大名家臣郷士となり,現地農村支配を進めて近世大名の領国形成の主導的役割をになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ‐ざむらい〔ヂざむらひ〕【地侍】
中世後期の有力名主層。惣(そう)の中心になるとともに、守護戦国大名の家臣にもなった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じざむらい【地侍】
中世後期の村落における上層身分の俗称の一つ。地士とも表記される。研究史上では,土豪・上層名主(みようしゆ)・小領主・中世地主などともいわれ,とくに一揆の時代といわれる戦国期の社会変動を推進した階層として注目される。中世社会の基本身分は凡下(ぼんげ)・下人(げにん)の三つから成っていたが,中世後期の村落でも〈当郷にこれある侍・凡下共に〉〈当郷において侍・凡下をえらばず〉(〈武州文書〉)というように,侍と凡下は一貫してその基本的な構成部分であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じざむらい【地侍】
中世の土豪的武士。在郷土着して農業を営み、農民を指導して惣村そうそんの中核となる。戦国大名の被官となる者も多かった。地士。地下侍じげざむらい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

地侍
じざむらい
中世後期村落の有力名主(みょうしゅ)層をさす。惣村(そうそん)においては「オトナ」として村落共同体の中核をなしていたが、その一方で、名字をもち、「方(かた)」「殿(どの)」などの敬称を付され、荘園(しょうえん)の下級荘官となって支配機構の末端を担うなど、侍衆として一般の地下(じげ)百姓衆とは区別される存在であった。とくに戦国期に入ると、彼らは周辺小農民との間に地主経営による小作料の収取関係や、被官関係を展開し拡大していく。しかし、その動向は領主化への志向に一元化されるものではなく、権益を保持するため、地侍同士の横の連合を強めるとともに、共同体規制に依存して、その規制によって収奪を実現し村落内における基盤をますます固めるなど、在地との結合を深めるような面をもっていた。兵農分離を経て中世から近世に至る歴史的過程のさまざまな可能性は、このような地侍層の動向を探ることによって究明されるものと考えられる。
 なお、軍記や記録などにみられる地侍は、幕府や守護・諸大名に属する武士に対して、在野の武士という意味で、国人(こくじん)領主の概念をも含むものである。[伊藤敏子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐ざぶらい ヂざぶらひ【地侍】
※室町殿日記(1602頃)一「近郷の地さふらひに被仰付て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐ざむらい ヂざむらひ【地侍】
〘名〙 南北朝から戦国時代にかけて、荘園、郷村に勢力をもち、戦乱や一揆の際に現地の動向を指導した有力名主層出身の侍。広範な所領をもって一部を手作りし、一部を小作させた。戦国時代には諸大名の家臣となった。また、幕府や諸大名家に属する武士に対して、在野の武士、土豪をもいう。じざぶらい。
※俳諧・談林十百韻(1675)上「山城の岩田の小野の地侍〈志計〉 そうがう額尾花波よる〈在色〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地侍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地侍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.