Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

地下鉄道【ちかてつどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

地下鉄道
ちかてつどう
Underground Railroad
アメリカ南北戦争前,黒人解放運動に同調する人々によって組織された奴隷の逃亡援助組織。この組織は,南部黒人奴隷を「奴隷ハンター」の手の届かない北部自由州やカナダへ脱出させるのを目的とした非合法の地下組織で,鉄道用語を暗号に使用したためにこの名称が生れた。逃亡経路は路線,中継地は駅,援助者は車掌,逃亡者は貨物と呼ばれた。クェーカー教徒の T.ギャレットや元奴隷の H.タブマンを中心に,『アンクル・トムの小屋』の著者ストー夫人らが仲介者として活躍した。この運動により4万から 10万の奴隷が自由の身になったといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちかてつどう【地下鉄道 underground railroad(railway)】
単に地下鉄と略すことが多い。狭義には全線地下に建設された鉄道をいうが,一般には,人口稠密な地域において,主として通勤・通学などを目的とする旅客の大量迅速な輸送を使命とし,その大半の路線を地上に比較して地下に設けることが適当とされ建設された都市高速鉄道をいう。地下鉄は建設に多額の資金を要するため,地方公共団体または公共企業体の経営によるのが一般的である。したがって,帝都高速度交通営団の東西線30.8kmのうち南砂町~西船橋間14kmは地上区間であるが,これはJRとの相互乗入れをはかるため,および低湿な未開発地域を通過するため高架としたものなので,地下鉄という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

地下鉄道
ちかてつどう
Underground Railroad

アメリカ合衆国で、南部奴隷制地域から北部自由州やカナダへ黒人奴隷を救出した、奴隷制反対運動の秘密組織をいう。クェーカー教徒などが私的に逃亡奴隷をかくまうなどの行為に発したが、19世紀に入って組織化され、「地下鉄道」とよばれたのは、蒸気鉄道が普及し始めた1831年ごろからとされている。この組織内では、黒人と白人が協力し、奴隷の逃亡を誘導する人を「車掌」、かくまった場所を「駅」、次の駅へ向けての輸送情報は「ぶどうづる電信」とよばれた。主要な運行ルートとして、東海岸沿いに北東部州に至るもの、テネシーやケンタッキー東部からオハイオに至るもの、ケンタッキー中西部からイリノイ、インディアナに至るものがあった。「車掌」として多くの同胞を救出した黒人女性タブマンの活躍は著名である。地下組織のため正確な数は割り出せないが、「従業員」は3200人以上とされ、これにより「南部は10万人の奴隷を失った」という。1850年以降はカナダ領まで「地下鉄道運行」の必要が高まった。

[古川博巳]

『H・スウィフト著、三谷貞一郎訳『自由への地下鉄道』(『世界新少年少女文学選9』所収・1967・新日本出版社)』『J・H・フランクリン著、井出義光訳『奴隷制と地域間闘争』(『アメリカ黒人の歴史――奴隷から自由へ』所収・1978・研究社出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちか‐てつどう ‥テツダウ【地下鉄道】
〘名〙 都市およびその近郊で、線路の全部または大部分が地下に敷設された鉄道。地下鉄。地下線。
※万国新話(1868)〈柳河春三編〉一「終に地下鉄道を造くる事に決し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地下鉄道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

地下鉄道の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.