Rakuten infoseek

辞書

【けい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


けい
gui
中国古代の玉器の一種で,権威を象徴した。上方がとがった短冊形を呈し,半圭のものをと呼んでいる。圭の形は先史時代の有孔石斧から発達したといわれるが,確かではない。殷代鄭州期および安陽期には,圭,璋に属する玉器が発見されているが,斧形あるいは戈形のものである。西周になると長方形あるいは戈形のものがみられ,いわゆる圭,璋の形が出現するのは春秋・戦国期に入ってからで,上村嶺,輝県,洛陽焼溝などの東周墓から出土している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けい【×圭】
古代中国の玉器の一。長方形板状で先はとがり、天子諸侯を封じた際にしるしとして与え、また、祭祀(さいし)に用いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【圭】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ケイ(漢)
先端が三角になった玉器。「玉圭」
圭の形をしたもの。「圭角土圭刀圭
[名のり]か・かど・きよ・きよし・たま・よし
[難読]圭冠(はしはこうぶり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けい【圭 guī】
上がピラミッド形で下方が角柱状の玉器。古代中国で天子が諸侯を封ずるとき,信任のしるしとして与えたもので,周代から行われていた。公は桓圭(かんけい),侯は信圭,伯は躳圭(きゆうけい),子は穀璧(こくへき),男は蒲璧(ほへき)の5段階があり,公・侯・伯が圭であった。また,圭は祭祀や朝廷の招待などにも用いられた。【杉本 正年】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けい【圭】
古代中国の儀礼用の玉器の一。天子が諸侯や使者のしるしとして与え、また、祭祀さいしなどに用いた。下が四角柱で、上部がとがっている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい【圭】
〘名〙
上部がとがり、下部が四角の玉。古代中国で、天子が諸侯を封(ほう)ずる時、そのしるしとして与えたり、神をまつる時、その祭具の一つとして用いたりしたもの。
※空華集(1359‐68頃)一六・不琢説「古之王者、封諸侯邦国、必以玉為信。名之曰圭」 〔説文‐圭〕
② 量の単位。(しゃく)の千分の一。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

圭の関連情報

他サービスで検索

「圭」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.