Rakuten infoseek

辞書

在庁官人【ざいちょうかんにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

在庁官人
ざいちょうかんにん
「ざいちょうかんじん」とも読み,略して在庁ともいう。平安時代中期から鎌倉時代にかけて,遙任国司によって派遣された目代 (もくだい) の指揮のもとに,国衙の事務をとった下級の地方官人。惣判官代,惣大判官代,大判官代などがあった。目代と在庁官人の構成する機関を留守所といい,税所 (さいしょ) ,朝集所,健児 (こんでい) 所,田所,大張所,国掌所,公文所 (くもんじょ) ,政所 (まんどころ) ,調所,出納所,膳所,細工所,厩所などに分れていた。目代は国司の交代につれて代ったが,在庁官人には土着の豪族が任じられ世襲したので,次第にその勢力を増し,開発領主や荘官となって武士化するものが多くなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ざいちょう‐かんにん〔ザイチヤウクワンニン〕【在庁官人】
平安中期から鎌倉時代、現地の国衙で実務を行った介(すけ)以下の役人。本来は在庁と官人からなるが、のち区別がなくなり、在庁と略称されるようになった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざいちょうかんじん【在庁官人】
平安後期から鎌倉時代にかけて諸国国衙(こくが)の実質的運営を担った下級の役人。在庁とはそもそも国府(国衙)などの官庁に在勤すること,あるいはその在勤者を指す用語であり,在庁官人は単に在庁もしくは庁官などと称することもあった。《今昔物語集》に〈守に此の由を申しければ忽(たちま)ちに在庁の官人を召して,蔵を開けさせて見れば……〉と見える例をはじめ,当該期の地方行政の運営者としての彼らの活動を示す史料は少なくない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ざいちょうかんにん【在庁官人】
平安中期以降、国衙こくがにあって実務に携わった下級役人。多くは土着の豪族で、その職を世襲した。のち武士化して、鎌倉幕府の御家人に組み入れられていった。在庁。在庁人。ざいちょうかんじん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

在庁官人
ざいちょうかんじん
庁官、在庁ともいう。平安中期以降、諸国国衙(こくが)で実務をとった地方役人。律令(りつりょう)本来の国司制においては、守(かみ)以下の四等官が責任を分有し国務にあたることになっていたが、平安中期以降国司官長(守ないし守を欠く場合介(すけ))に権限が集中し、雑任(ぞうにん)国司らの赴任がみられなくなった状況下において、国衙行政の実務は在地の下役人が担うようになった。判官代(はんがんだい)ないし惣(そう)判官代を肩書とすることが多い。従前の郡司層の系譜を引く在地有力層出身の場合が多く、在庁官人という語の史料上の初出は、910年(延喜10)初任国司庁宣である(『朝野群載』22)。国司官長の命を受け、事にあたったが、遙任(ようにん)が一般化してくると、在庁官人らは留守所(るすどころ)に拠(よ)り、国衙行政の全般を取り仕切った。平安後期以降武士化する者が多く、著名なものに坂東平氏がある。[森田 悌]
『吉村茂樹著『国司制度崩壊に関する研究』(1957・東京大学出版会) ▽竹内理三著『律令制と貴族政権』(1958・御茶の水書房) ▽竹内理三著『武士の登場』(1965・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざいちょう‐かんにん ザイチャウクヮンニン【在庁官人】
〘名〙 (「ざいちょうかんじん」とも) 平安中期から鎌倉時代、国守の命に従って諸国国衙で実務を執った地方役人。平安以後、国守は地方に赴任しないで在京し代理人(目代(もくだい))を派遣するようになったが、この目代と在庁官人の在勤する役所を留守所(るすどころ)という。在庁官人の多くは土着の地方豪族で、この職を世襲し次第に武士化して、鎌倉時代には御家人(ごけにん)となって目代と対立するようになった。在庁官。在庁人。在庁。〔朝野群載‐二二・延喜一〇年(910)加賀初任国司庁宣〕
※太平記(14C後)一三「之に依って非職凡卑の目代等、貞応以後の新立の庄園を没倒して、在庁官人(ザイチャウクヮンニン)、検非違使、健児所等過分の勢ひを高くせり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

在庁官人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

在庁官人の関連情報

他サービスで検索

「在庁官人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.