Rakuten infoseek

辞書

在家【ざいけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

在家
ざいけ
(1) 仏教用語 出家に対して,一般の生活を営みながら仏道に帰依する人。男は優婆塞 (うばそく) ,近事 (こんじ) ,女は優婆夷 (うばい) ,近事女 (こんじにょ) といわれる。 (2) 経済用語 もとは住居をさしたが,荘園制の時代には,住居と園地と宅地を含めた収取単位を在家または百姓在家といい,鎌倉時代末期には,在家になかば従属する脇在家 (→脇百姓 ) があったことも知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ざい‐か【在家】
いなかの家。いなか。ざいけ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざい‐け【在家】
出家せずに、普通の生活をしながら仏教に帰依すること。また、その人。在俗。⇔出家
いなかの家。ざいか。「在家の育ち」
中世、荘園・公領で、農民と耕地とを一体のものとして賦課の対象としたもの。東国や九州に多くみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざいけ【在家】
(1)家にあって,職業をもち,家庭生活を営む人,またはその状態をさす。俗人,在家人,居家(こけ)ともいう。出家に対する語。在家人で三帰・五戒を受けた男女を優婆塞(うばそく)・優婆夷(うばい)と称する。出家して十戒を受けたものを沙弥(しやみ)というが,日本では,髪をそるのみで,俗家にあって妻子を養う沙弥があり,このようなものを在家沙弥とも入道ともいう。古代より民間には,半僧半俗の宗教者が多い。【伊藤 唯真】(2)平安中期~室町期には,住屋,付属の耕地,農民を含めた,在家役収取の単位を在家とか百姓在家とか称した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ざいか【在家】
いなかの家。いなか。ざいけ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざいけ【在家】
出家せずに、在俗のまま仏教に帰依した人。正式の戒を受けていない人。 ⇔ 出家
ざいかとも 在所の家。民家。
中世、屋敷とそれに付属する宅地・園地などを含めた在家役賦課の単位。また、在家役の対象となった農民。主に東国・九州などの辺境地方に多くみられた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざい‐か【在家】
〘名〙 いなかの家。いなか。ざいけ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざい‐け【在家】
〘名〙 (「け」は「家」の呉音)
① 出家しないで在俗のまま仏教に帰依すること。また、その家や人。
※今昔(1120頃か)一「始め在家(ざいけ)の時、五天竺の中に形勝れて端正无限(かぎりな)き女を妻として」
※源平盛衰記(14C前)一「如何なる法か、加様の在家(ざいケ)の者の行ひ奉り、掲焉(けつえん)の利生に預かる事候」 〔法華経‐安楽行品〕
② 民家。在郷の家。田舎の家。ざいか。
※高野本平家(13C前)五「楯をわりたい松にして在家(ザイケ)に火をぞかけたりける」
③ (在郷の家、民家から転じて) 中世、在家役と称される課役を徴収するために定められた単位。住屋のみならず、付属の田畠と農民を含む。関東・東北・九州などの後進地域にその実例が多い。はじめは領主の財産として売買譲渡の対象となるなど隷属性の強い場合もあったが、次第に耕作権などをもとに自立性を強めた。鎌倉末期から南北朝期には階層分化が進んで有力在家(本在家)から分家的な小在家(脇在家(わきざいけ))を分出した。〔石清水田中家文書‐延久四年(1116)九月一五日〕
※塵芥集(1536)八二条「在家一けんのうちのてんはく、ならひのさいけにふみそへ候事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

在家
ざいけ
②中世,国衙 (こくが) 領・荘園において,在家役収取の対象となった単位
①出家に対し在俗のまま仏道に帰依する者。
もと住居のであったが,中世では農民・屋敷田畑を一括して在家として,領主は財産視した。存在形態は時代・地域により多様で,東国や南九州などに多くみられる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

在家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

在家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.