Rakuten infoseek

辞書

【アツ】

デジタル大辞泉

あつ【圧】
押さえつける力。圧力。「をかける」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あつ【圧〔壓〕】[漢字項目]
[音]アツ(慣) [訓]おさえる おす へす
学習漢字]5年
おさえつける。「圧縮圧倒圧迫圧力威圧指圧制圧弾圧鎮圧抑圧
おさえつける力。圧力。「気圧血圧高圧重圧水圧電圧風圧変圧
「血圧」の略。「降圧剤
[難読]圧状(おうじょう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイビング用語集

圧力全般のことを通の間では略して単に圧と言うことが多い。水圧、体内圧、空気圧、気圧など、ケースバイケースでその指す圧の内容はまちまち。

出典:ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あつ【圧】
押さえつける力。圧力。 「 -を加える」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あつ【圧】
〘名〙 ある広がりをもってものに力を加えること。また、その力。〔工学字彙(1886)〕
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉一二「乳房の圧(アツ)はいよいよ加はって来る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あっ‐・す【圧】
〘他サ変〙 ⇒あっする(圧)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あっ‐・する【圧】
〘他サ変〙 あっ・す 〘他サ変〙
① 力を加えて強く押す。押えつける。押しつぶす。
※窮理通(1836)七「大気を圧して濃厚ならしむ」
② 権威、武力など種々の力で他者を押さえつける。また、屈伏させる。
※玉塵抄(1563)一六「をあっせられば、晉が秦のあだにならうぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へさ・える へさへる【圧】
〘他ハ下一〙 上から力を加えて圧する。おさえる。
※俳諧・反故集(1696)下「圧(ヘサエル)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へし【圧】
[1] 〘名〙 (動詞「へす(圧)」の連用形の名詞化)
① おすこと。おされてゆがむこと。
② 物を圧迫、圧縮するために上に載せる重い物。おもし。
※日葡辞書(1603‐04)「Fexiuo(ヘシヲ) カクル」
[2] 〘副〙 (「と」や「に」を伴って用いる)
① やたら。むしょう。
※玉塵抄(1563)五三「いきをうてくる者をへしと打かつきくづかすればあとの者えすすまぬぞ」
雑俳・川柳評万句合‐明和六(1769)梅三「よめん女が出て白いのをへしにもり」
② 押し合って並ぶさまを表わす語。
洒落本・玉之帳(1789‐1801頃)一「筑田沖へへしと縄舟が出た」
[補注](二)は(一)と語源を異にするものかもしれない。一説に「ひっし(必死)」の変化したものともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へ・す【圧】
〘他サ四〙
① 押しつける。押しつぶす。押さえる。
色葉字類抄(1177‐81)「圧 ヘス」
② 気持の上で、圧倒する。屈伏させる。凌駕(りょうが)する。
※枕(10C終)一三六「逢坂の歌はへされて、返しもえせずなりにき」
③ けなす。けちをつける。
※四河入海(17C前)一四「かう云て、さて牡丹をへさう用ぞ」
④ 口をへの字なりに強く結ぶ。→圧口(へしぐち)
※浄瑠璃・酒顛童子付頼光山入(1678)「へんたうをも申さず。きかぬかほにてゐたりしが。ひざおしたて大べしにへしたる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

圧の関連情報

他サービスで検索

「圧」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.