Rakuten infoseek

辞書

圧死【アッシ】

デジタル大辞泉

あっ‐し【圧死】
[名](スル)おしつぶされて死ぬこと。「倒れたブロック塀の下敷きになって圧死した」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あっし【圧死 traumatic asphyxia】
胸部あるいは胸腹部が圧迫され,呼吸運動が障害されて窒息死すること。災害時などに土砂崩れ雪崩によって土砂や雪に埋没した場合や,倒壊家屋,重量物,人なだれなどの下敷きになった場合,物の間に挟まれた場合に起こる。特異な場合として,〈布団蒸し〉や〈の子(すのこ)責め〉などによっても生じることがある。純粋な圧死は少なく,土砂崩れや雪崩の際は鼻口閉塞や気道内の土砂や雪による閉塞を伴ったり,胸腹部が強圧された場合は,心臓肝臓などの重要臓器や大動脈などの大血管の破裂を伴っていることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あっし【圧死】
スル
物に押しつぶされて死ぬこと。 倒れた柱の下敷きになって-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あっ‐し【圧死】
〘名〙 強い力で、押しつぶされて死ぬこと。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三「弾丸破烈、圧死(アッシ)の体(てい)」 〔後漢書‐順帝紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

圧死」の用語解説はコトバンクが提供しています。

圧死の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.