Rakuten infoseek

辞書

土錘【どすい】

大辞林 第三版

どすい【土錘】
漁労具の一。古墳時代に漁網のおもりとして用いられたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

土錘
 漁に使う網[あみ]に取り付けたおもりです。多くのものが管のような形をしています。石でできたおもりもありました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

土錘
どすい
土製の漁網錘。次の6種がある。(1)厚手の土器片を整形し、その両端に切目(きれめ)をつけた土器片錘。茨城・千葉県など東関東地方を中心に、縄文時代中・後期に発達する。(2)溝が一周ないし十文字などにつけられた有溝(ゆうこう)土錘。これには十数種のバラエティーがある。(1)の系譜を引き、縄文時代後・晩期に発達する。(3)管(かん)状土錘。弥生(やよい)時代に大陸より伝わり、(1)(2)にかわり現代に至るまで主流となるタイプ。(4)球状土錘。(3)の変異型である。(5)棒状の両端に二孔をもつ瀬戸内型土錘。弥生時代後期から平安時代にかけて、瀬戸内海沿岸に分布する。(6)両側面に溝をもち、その断面形態より名づけられた工字型土錘。古墳時代以降現代に至るまで瀬戸内海沿岸におもに分布する。[渡辺 誠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ど‐すい【土錘】
〘名〙 土製の漁労具の一つ。主として彌生時代以降、古墳時代に漁網の錘として用いられている。管状紡錘形、扁平棒状で両端に二つの孔を穿ったものなどがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土錘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土錘の関連情報

他サービスで検索

「土錘」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.