Rakuten infoseek

辞書

土用波【どようなみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

土用波
どようなみ
台風によるうねり土用の頃,太平洋側の海岸に打寄せてくる大波から名づけられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どよう‐なみ【土用波】
夏の土用のころ、海岸に打ち寄せる大。はるか沖合にある台風の影響によるうねりがやって来たもの。 夏》「―はるかに高し見えて来て/万太郎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

土用波
夏の土用(立秋の前一八日間)の頃、晴天で風もないのに海岸に押し寄せてくる大波。はるか南海上の台風で発生するうねりが伝わってくる。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

海の事典

土用波
夏の土用(立秋の前18日間)の頃、風の無い日に海岸に打ち寄せる大波をいう。この頃にしばしば発生する洋上遥かにある台風によって起こされたうねりであ るが、気象の観測・予報体制の無かった昔には、土用波は非常に恐れられ、警戒された。 (永田

出典:(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どようなみ【土用波】
熱帯の洋上で発生した台風の暴風圏から出てくるうねりは,数千kmの海面を伝搬していち早く日本の太平洋岸に打ち寄せる。これは台風が洋上にある間じゅう継続する。夏の土用の入り(7月20日前後)がすぎて,日本が太平洋高気圧におおわれておだやかな晴天が続いているときに顕著に現れるところから,俗に特異な節的現象として〈土用波〉と呼ばれてきた。うねり【竹田 厚】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どようなみ【土用波】
夏の土用の頃、海岸に打ち寄せてくる大波。台風に伴って発生したうねりが伝わってきたもの。 [季] 夏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

土用波
どようなみ
doyo-nami
夏の土用(立秋前の18日間)ごろから、日本の太平洋岸で、風がないかごく弱いのに海岸に打ち寄せる高波。遠方の海上にある台風から発したうねりは台風自身より進行速度が速いため海岸に早く到達する。これが土用波である。[半澤正男・高野健三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土用波」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土用波の関連情報

他サービスで検索

「土用波」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.