Rakuten infoseek

辞書

土橋宗静【つちはし そうじょう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

土橋宗静 つちはし-そうじょう
1636-1698 江戸時代前期の連歌師,俳人。
寛永13年生まれ。合薬業と酒造業をいとなみ,摂津平野郷(大阪府)の総年寄を25年つとめた。連歌を里村家に,俳諧(はいかい)を西山宗因にまなぶ。元禄(げんろく)11年5月22日死去。63歳。初名は宗顕。通称は九郎右衛門。号は真休斎。編著に「柴屋寺(さいおくじ)奉納発句」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

土橋宗静」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土橋宗静の関連情報

関連キーワード

クライエルクライアーシュリューターモリヌークス福山藩ライプニッツ北島雪山北島雪山ハノーバーディエゴ=デ=サンタ=カタリナ

他サービスで検索

「土橋宗静」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.