Rakuten infoseek

辞書

土手【ドテ】

デジタル大辞泉

ど‐て【土手】

風水害を防ぐために、川岸に土を積み上げて築いた堤。
平地より一段と高く築いた、道路・軌道用の堤。
城郭の土塀。土居(どい)。築地(ついじ)。
カツオ・マグロなどの背側の身。
歯の抜け落ちたあとの、歯ぐき。
陰阜(いんぷ)
江戸新吉原の手前ののこと。日本堤吉原土手。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どて【土手】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どて【土手】
土を小高く積み上げた堤。水や風を防ぐ堤防。 「大水のために-が切れる」
敵の侵入を防ぐため、城の周りに設けた土の堤。築地ついじ。土居どい
マグロなどの背の大きな切り身。
歯の抜け落ちたあとの、歯ぐき。
江戸時代、吉原の入り口の日本堤のこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土手」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土手の関連情報

他サービスで検索

「土手」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.