Rakuten infoseek

辞書

土手【ドテ】

デジタル大辞泉

ど‐て【土手】

風水害を防ぐために、川岸に土を積み上げて築いた堤。
平地より一段と高く築いた、道路・軌道用の堤。
城郭の土塀。土居(どい)。築地(ついじ)。
カツオ・マグロなどの背側の身。
歯の抜け落ちたあとの、歯ぐき。
陰阜(いんぷ)
江戸新吉原の手前ののこと。日本堤吉原土手。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どて【土手】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どて【土手】
土を小高く積み上げた堤。水や風を防ぐ堤防。 「大水のために-が切れる」
敵の侵入を防ぐため、城の周りに設けた土の堤。築地ついじ。土居どい
マグロなどの背の大きな切り身。
歯の抜け落ちたあとの、歯ぐき。
江戸時代、吉原の入り口の日本堤のこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ど‐て【土手】
[1] 〘名〙
① 川などがあふれて田地や家屋に流入するのを防ぐために、土を小高く積み上げて築いた長い堤。堤。堤防。〔羅葡日辞書(1595)〕
※浄瑠璃・大経師昔暦(1715)中「名残おしさに立とまり、小だかき土手にのびあがり、二人見送る影法師」
城郭土塀(どべい)。土居。築地(ついじ)
※就弓馬儀大概聞書(1464)「どての広さ五尺なく候へば、弓射られず候也」
③ 鮪(まぐろ)、鰹(かつお)など、大きな魚の背の部分の切り身。
※雑俳・柳多留‐二一(1786)「此どてはいくらだとねぎさげて居る」
④ 歯の抜け落ちたあとの歯茎(はぐき)
※雑俳・柳多留‐四八(1809)「章魚鮑土手を迯げたりむぐったり」
陰阜(いんぷ)または大陰唇をいう俗語。
※雑俳・伊勢冠付(1772‐1817)「人間のわく池・ムックリト両側の土手」
⑥ 駕籠屋・車夫仲間の隠語。
(イ) 一銭をいう。〔隠語輯覧(1915)〕
(ロ) 一〇銭をいう。
※落語・素人人力(1893)〈三代目三遊亭円遊〉「『符牒抔(なぞ)を知ってますかい』『整然(ちゃあ)んと覚えました。ゲンコ(五銭)、ドテ(拾銭)、ヤリ(廿五銭)、ヲイ先(はな)ア切って呉れ、てへ様な事を云ふんでげす』」
(ハ) 八銭をいう。〔新しき用語の泉(1921)〕
[2] 江戸新吉原の大門(おおもん)口に行く手前、山谷堀(さんやぼり)の堤をいう。日本堤。吉原土手。
※浮世草子・西鶴置土産(1693)四「土手(トテ)の闇がりを帰るに、揚屋の男を三人につれて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土手」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土手の関連情報

他サービスで検索

「土手」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.