Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

土御門【ツチミカド】

デジタル大辞泉

つちみかど【土御門】
姓氏の一。平安時代以来、天文道・陰陽道(おんようどう)をもって朝廷に仕えた家系。阿倍倉梯麻呂(くらはしまろ)の子孫安倍晴明を祖とし、代々その業を世襲した。
[補説]「土御門」姓の人物
土御門通親(つちみかどみちちか)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つち‐みかど【土御門】
平安京大内裏外郭東面の上東門異称。また、西面の上西門を西の土御門と称した。築地(ついじ)を切り抜いただけで、屋根のないところからいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つちみかど【土御門】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

つち‐みかど【土御門】
[1]
[一] 平安京大内裏外郭東面の上東門の異称。また、西面の上西門を西の土御門と称する。築地を切り抜いただけで、屋根のないところからいう。土御門大路に通ずる。
※枕(10C終)九九「雨まことに降りぬ。『などか、こと御門御門のやうにもあらず、このつちみかどしも、かう上もなくしそめけんと、けふこそいとにくけれ』などいひて」
[二] (「土御門大路」の略) 平安京の東西の通りの一つで、一条大路の二筋南にあり幅員一〇丈(約三〇メートル)。中央部は大内裏によって断たれ、左京の方を上東門大路(土御門大路)ともいい、ほぼ現在の上長者町通にあたる。右京の方はほぼ現在の仁和寺街道にあたる。
※平松本大鏡(12C前)一「さて土御門よりひんがしざまにゐていだしまゐらせ給に」
※雑俳・柳多留‐八七(1825)「地天泰雲の上にも土御門」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土御門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土御門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.