Rakuten infoseek

辞書

土岐貞範【とき さだのり】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

土岐貞範 とき-さだのり
?-1829 江戸時代後期の儒者。
山崎蘭洲(らんしゅう)にまなぶ。文政12年(1829)陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩校稽古(けいこ)館の督学となったが,同年死去した。書に長じ,仏教学にもくわしかった。通称は渡人(わたんど)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

土岐貞範」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土岐貞範の関連情報

関連キーワード

ピウス8世ユゴーギリシャ独立戦争ギリシア解放戦争ショパンウィリアムズエンデオズーフポンペブース

他サービスで検索

「土岐貞範」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.