Rakuten infoseek

辞書

土一揆【つちいっき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

土一揆(つちいっき)
つちいっき
15世紀から16世紀にかけて展開された地侍(じざむらい)・農民の連合による支配階級に対する闘争の一形態。土民(どみん)の一揆を略称したものであるから「どいっき」と読むべきだという意見もあるが、現在までに知られている仮名書きの史料では、すべて「つちいっき」になっている。
 鎌倉末期以降、畿内(きない)やその周辺地域で、しだいに形成されてきた村落の自治的組織(惣(そう)結合)を基盤として、南北朝時代になると、年貢・公事(くじ)の減免、非法代官の改替、井料(いりょう)の下行(げぎょう)(用水の管理費の給付)などを要求する逃散(ちょうさん)、強訴(ごうそ)、荘家(しょうけ)の一揆などの闘争が展開された。これらは、個別の荘園村落が主体となり、その領主に闘争が向けられていたが、15世紀に入ると、郷村(ごうそん)間の広範な連合による武力蜂起(ほうき)がみられるようになってくる。この闘争が土一揆である。その初見は、1428年(正長1)に山城(やましろ)、近江(おうみ)、大和(やまと)、摂津(せっつ)、播磨(はりま)、河内(かわち)、伊賀(いが)、伊勢(いせ)、紀伊(きい)などの諸国で徳政(とくせい)令の発布を要求して土民が蜂起した事件である。このときには、少なくとも近江、河内、摂津、播磨、大和の五か国で国別の徳政令が出されたことが知られている。
 ついで、1441年(嘉吉1)に京都近郊で大規模な土一揆が起きている。このときには、数万人の土民が京都の諸口を取り囲み、16か所に陣を張って交替で京中を攻めた。そのために、京中の酒屋・土倉(どそう)などの高利貸業者が蔵を開き質物を返却し、大きな経済的打撃を受けた。また、京中に米が搬入できなくなり、庶民生活へも大きな影響が出た。幕府は一揆を鎮圧することができず、徳政令の発布を認めたが、このとき一揆側がこの徳政令の内容に注文をつけていることが注目される。『建内記(けんないき)』同年9月12日・14日条によれば、幕府が農民に限って徳政令を適用しようとしたのに対して、一揆側は公家(くげ)・武家を含めた「悉皆(しっかい)」「皆同(かいどう)」の徳政令を要求したのである。
 ついで、1457年(長禄1)に起きた一揆には注目すべき点が多い。この年の一揆は9月10日ごろの法性寺(ほっしょうじ)乱入から始まるので、これは京都南郊の一揆と考えられる。ついで同25日ごろ京中で活躍していたのは、京都の西郊西岡(にしがおか)の一揆といわれる。ところが、幕府は同15日に宇治橋を引き払って土一揆を防御することを命じている。このことから京都を遠く離れた南山城の相楽(そうらく)・綴喜(つづき)両郡での土一揆蜂起が京都に伝わっていたことがわかる。この南山城の土一揆は26日に宇治(うじ)の在家を焼き、29日には木幡(こはた)山を経て洛中(らくちゅう)に攻め込む。このため、京都の南部の土倉が蔵を開いているが、『経覚私要鈔(きょうがくしようしょう)』の11月朔日(さくじつ)条によると、早くから京都で蜂起していた竹田・九条・京中の一揆は借銭の10分の1を出して質物を持ち帰るのに対し、田舎(いなか)者は無料で取り返していることが記されている。これらの事実から、多人数の一揆が京都を攻めている場合にも、それぞれの蜂起した地域ごとに、まとまって参加していることや、質物の請け出し方にも相違のあることが明らかになる。一方、京都では一揆を防ぐために京中の土倉たちが武力をもって闘っていることも注目される。また、南山城の一揆は京都を攻めたあと、11月9日ごろから奈良をも攻めている。しかも、この南山城の一揆は、蜂起とともに徳政令の発布を求める目安状(めやすじょう)=申状(もうしじょう)を用意して、これを興福寺(こうふくじ)に提出しようとしていた。土一揆の組織性を示す好例である。
 このように土一揆の多くは徳政令の発布を求める徳政一揆の形をとっている。これは、当時の貨幣経済の農村への浸透の結果、地侍・農民が高利貸資本と接触し、土地を抵当に借財し、そのために土地を失うという状況が各地にみられたことと深い関連をもっている。徳政一揆は、都市高利貸資本の農村への進出、それに伴う剰余生産物の都市への集中を食い止めようとする地侍・農民の闘争として成立したのである。しかし、当時の酒屋・土倉といった高利貸資本は、幕府の重要な財源ともなっていたところから、徳政一揆は幕府とも鋭く対立するものとなっていった。また、1428年(正長1)や1562年(永禄5)の大和の徳政令では、前年以前の未進年貢も徳政令の対象となっており、その意味で土一揆は荘園領主とも対立した。しかし、15世紀末ごろから、農村での階級分化が進み、地侍層が土地集積を行うようになると、農民の要求と背反する面が多くなり、しだいに下火となっていった。
 なお、土一揆には、このように徳政令を要求したもののほか、関所の設置に反対したものや、段銭の賦課に反対して蜂起したものもある。[黒川直則]
『中村吉治著『土一揆研究』(1974・校倉書房) ▽鈴木良一著『純粋封建制成立における農民闘争』(1959・日本評論社) ▽鈴木良一著『日本中世の農民問題』改訂版(1971・校倉書房) ▽稲垣泰彦著『日本中世社会史論』(1981・東京大学出版会) ▽峰岸純夫編『土一揆』(『シンポジウム日本歴史9』1974・学生社) ▽稲垣泰彦・戸田芳実編『土一揆と内乱』(『日本民衆の歴史2』1975・三省堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土一揆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

土一揆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.