Rakuten infoseek

辞書

園地【えんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

園地
えんち
古代,律令制における宅地に付属した畠地をいう。各戸に均給されたが,班給規準は明らかでない。特定数の栽培を指定されたが,必ずしも実行されなかった。絶戸になった場合を除き,世襲売買,質入れは自由で,土地私有の発展のよりどころとなる。平安時代末期には地子賦課の対象となり,さらには宅地と合体して在家役賦課の対象ともなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えん‐ち〔ヱン‐〕【園地/×苑地】
自然公園で、公園施設を設けた区域。
公園・庭園などになっている土地。
律令制で、口分田(くぶんでん)のほかに、桑や漆を植えるために、私有財産として与えられていた土地。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんち【園地】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

園地
えんち
古代律令(りつりょう)制下における地目の一つ。田令(でんりょう)の規定によれば、園地は「地の多少に随(したが)って均給す」と定められているが、その班給額については口分田(くぶんでん)の場合のように明記されていない。また園地は、いったん班給されると絶戸にならない限り収公されず、相続も認められ、売買も所定の手続をとれば可能であった。その意味では、同じく売買が認められている「宅地」とともに私有地的性格の濃い地目であった。「園地」の語は、(1)クワ、ウルシの栽培が義務づけられている地、(2)蔬菜(そさい)や果樹の栽培されている地、という両様の意味で用いられているが、田令条文の配列から考えると、園地という地目を設けた基本的意図は(1)にあったようである。[村山光一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えん‐ち ヱン‥【園地】
〘名〙
① 公園、庭園など園と呼ばれる地域。
② 令制で、口分田(くぶんでん)のほか各戸に給与された畑地。不輸租地。果樹、桑、漆などを栽培する。その家が絶えたときは国に没収される。〔令義解(718)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

園地
えんち
律令制において,口分田のほかに各に給付された畑地
地域によって面積は一定せず,果樹・野菜・桑・漆などを栽培した。戸が絶えない限り返却の必要はなく,不輸租地であった。賃租・売買も自由で富豪への土地集中の大きな要因となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

園地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

園地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.