Rakuten infoseek

辞書

【くに】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


くに
一定区域をなす土地を表わす言葉で,現在では,土地,人民,政府をもつ国家のこと。歴史的には,さまざまの範囲を呼ぶのに用いられた。日本に農耕生活が始り,人々が政治生活を営むようになると,従来の「むら」が「くに」と呼ばれるようになった。『後漢書』に,1世紀の倭国に百余国があったというのは,このような「くに」の分立状態を示している。大和朝廷の頃は,こうした「くに」がさらに拡大して,国造 (くにのみやつこ) の管轄区域となったが,同じ言葉は,「豊葦原の中つ国」 (→葦原中国 ) といった国土の総称にも用いられていた。律令制のもとでは,中央集権国家の地方制度としての国,郡,里が確定し,国の行政裁判を司る国司が任命されて国府 (国庁,国衙ともいう) に在勤するようになった。当初は改廃があり,奈良時代には 58国3島を数えたが,平安時代初期の天長1 (824) 年以来 66国2島 (壱岐,対馬) に固定した。平安時代後期には,国司制度がくずれ,国司の遙任 (ようにん) や権門社寺の知行国 (ちぎょうこく) の制度が起り,やがて鎌倉幕府の成立以後,国の治安は守護,地頭によって保たれるようになった。室町時代に大名領国が発達すると,律令制の国は形骸化して単なる地域を示す符号となる反面,大名の領分が国 (分国 ) と呼ばれ,武家法としての分国法 (ぶんこくほう) が制定され,領内には国人 (地侍) 衆が兵農未分離状態の有力者として在住した。江戸時代には,律令制の国郡を規準とした国持大名という呼称や,大名,旗本の国守その他の受領名 (ずりょうな) はみられたが,普通には,国許 (くにもと) ,国腹,国家老,国産会所というように,大名領分を示す国が,全国を示す「天下」とともに用いられた。明治新政府は,当初は旧国郡制を近代国家の行政区画とし,奥州2国を7国に,また蝦夷地を北海道とし 11国に分けたが,明治4 (1871) 年の廃藩置県により1道3府 43県となった。現在旧国名は公式には用いないが,愛称として慣用されている場合が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くに【国/邦】
国家。また、その占めている地域。国土。「―の財政」「海の彼方の―」
地方。地域。「北の―」
古代から近世までの行政区画の一。大化の改新によって定められ、明治維新まで続いた。「駿河の―」
生まれ育った土地。郷里。故郷。「盆と正月には―へ帰る」「―は富山です」
(主に、天(あめ)に対して)地。大地。
「天の壁(かき)立つ極み、―の退(そ)き立つ限り」〈祝詞・祈年祭〉
国府。また、そこの役人。
「―に仰せ給ひて、手輿(たごし)作らせ給ひて」〈竹取
任国。領国。知行所。
「紀伊守―に下りなどして」〈・空蝉〉
国の政治。国政。
「尾張に下りて―行ひけるに」〈宇治拾遺・三〉
帝位。天皇の位。また、その政務。
「御―譲らむこと近くなり侍りぬるを」〈宇津保・国譲中〉
[下接語]葦原(あしはら)の中つ国天つ国浦安の国御(お)国御伽(おとぎ)の国華胥(かしょ)の国神の国唐(から)国異(こと)国言霊(ことだま)の幸(さきわ)う国玉垣の内つ国常世(とこよ)の国外(と)つ国根の国日出(い)ずる国日の入る国御(み)国瑞穂(みずほ)の国黄泉(よみ)の国我が国(ぐに)北国島国山国雪国

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく【国〔國〕】[漢字項目]
[音]コク(呉)(漢) [訓]くに
学習漢字]2年
〈コク〉
くに。「国家国際国産国政国民国立王国外国帰国挙国建国諸国全国祖国他国大国万国亡国
わが国の。日本の。「国史国文国訳
昔の行政区画の一。「国司国府
ふるさと。「郷国
「国際」「国有」などの略。「国鉄国連
〈くに(ぐに)〉「国表国柄北国島国雪国
[補説]「圀」は異体字。
[名のり]とき
[難読]国栖(くず)国造(くにのみやつこ)外国(とつくに)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くに【国】

語義
 日本語としての〈クニ〉は,本来,海や天に対する土地,陸地を意味した。〈地祇(くにつかみ)=その土地の土着の神〉〈国栖(くにす)=クズともいい,土着の住民〉といった用法からも,範囲の狭い一地方をさした語と考えられる。故郷=クニという語感もこの用法に根ざしているであろう。クニは地域的な支配の単位でもあったが,古代国家の成立過程で,その地方行政区画として,つまり〈国〉として編制されてゆく。次に〈国〉の成立について述べる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


くに
「くに」とはもともと自然の国土をさすことばであったが、弥生(やよい)時代に入り各地に政治的支配が成立すると、その政権の支配領域を「くに」とよんだ。『漢書(かんじょ)』以下の中国史書にみえる奴国(なこく)などの小国家、『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』にみえる邪馬台国(やまたいこく)のような地域的統合国家、統一された大和(やまと)国家、そしてそのなかの国造(くにのみやつこ)の支配領域に至るまで「くに」には大小、広狭さまざまの概念があるが、ともあれ、そのような政治的領域に漢字の国をあてたのである。大化改新以後国土の統合が進み律令(りつりょう)体制が成立するとともに全国土は60余りの行政区画に分けられ、その一つ一つが国とよばれた。この国は、その広狭、人口、貢租などを基準に大・上・中・下の4等に分けられ、守(かみ)以下国司の定員に差があった。8世紀初頭で58国3島、その後の統合、分割を経て9世紀初頭に66国2島となって固定した。なお、これらの諸国は行政上の便宜から畿内(きない)七道の8ブロックに分けられた。[黛 弘道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こく【国】
〘名〙
① 人の住む、一定の区域のきまった土地。また、上代から江戸時代までの行政区画の一つ。
※伊勢物語(10C前)八一「わがみかど六十余こくの中に、塩竈(しほがま)といふ所に似たるところ無かりけり」
※洒落本・多佳余宇辞(1780)「コリャとんだ事ッた。こくだな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国の関連情報

他サービスで検索

「国」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.