Rakuten infoseek

辞書

国際消費者機構【こくさいしょうひしゃきこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国際消費者機構
こくさいしょうひしゃきこう
Consumers International; CI
1960年に設立された消費者団体の国際的組織。消費者問題解決のための国際協力を目的とし,国連経済社会理事会 ECOSOCなどの国際機関で消費者の利益を代表する活動を行なう。 2004年現在,世界 123ヵ国 271団体が加盟しており,日本からは日本消費者協会,全国消費者団体連絡会が正会員,日本消費者連盟,消費者法ニュース発行会議が提携会員,国民生活センターが政府関係機関会員となっている。3年ごとに世界大会が開かれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こくさい‐しょうひしゃきこう〔‐セウヒシヤキコウ〕【国際消費者機構】
Consumers International》消費者団体の国際組織。1960年、米国英国オランダベルギーオーストラリアの5か国の消費者団体を理事として設立。商品テスト情報の交換、共同テストなどの推進を目的とする。1995年にInternational Organization of Consumers Unions(IOCU)から改称本部ロンドンCI

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国際消費者機構
こくさいしょうひしゃきこう
Consumers International
1960年、アメリカ消費者同盟(CU)、イギリス消費者協会(CA)など先進諸国の消費者団体が中心となって設立された国際的消費者団体。略称CI。商品比較テストや消費者利益の増進などのために国際的連携活動を促進することを目的として設立された。非政府組織(NGO)である。設立時はInternational Organization of Consumers Union(略称IOCU)であったが、1995年現名に改称した。消費者への情報提供、消費者教育、消費者保護、各国の消費者団体の自立への助長、国際機関を通じての開発途上国における消費者運動援助などにその活動内容を拡大して今日に至っている。1977年には、国連経済社会理事会により、NGOのなかでもっとも重要度の高い一級リストに登録された。本部はロンドン(設立時はオランダのハーグ)に置かれ、2000年秋現在で119か国から263団体が加入している。3年ごとに世界消費者大会とよばれる総会を開催。日本からは全国消費者団体連絡会(全国消団連)、日本消費者協会が正会員として参加している。[横川 新]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際消費者機構」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際消費者機構の関連情報

関連キーワード

新藤兼人磯崎新国際通貨問題黒人文学メタボリズム川添登安保闘争鈴木清順丹下健三朝鮮映画

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.