Rakuten infoseek

辞書

国際学術連合会議【こくさいがくじゅつれんごうかいぎ】

知恵蔵

国際学術連合会議
1931年に設立された非政府、非営利の国際学術機関。国際数学連盟などの国際的な学会組織と全米科学アカデミー、ロンドン王立協会などの国家アカデミーで構成される。日本からは、日本学術会議が国家アカデミー会員として加入している。事務局はパリにある。国際地球観測年(IGY、1957〜58年)や世界気候研究計画(WCRP、80年〜)、地球圏・生物圏国際共同研究計画(IGBP、86年〜)といった大規模な国際共同研究計画を単独で、あるいはユネスコなどの国際機関と共同で実施してきている。
(高橋真理子 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

世界大百科事典 第2版

こくさいがくじゅつれんごうかいぎ【国際学術連合会議 International Council of Scientific Unions】
通常ICSUと略称される。各国の主要な学術機関や自然科学に関する国際的な学会連合を相互に連絡調整するための組織として1931年に発足した。第1次大戦後の1919年,アメリカ,イギリス,フランス,イタリア,ベルギーのアカデミーの呼びかけを契機に設立された国際研究協議会International Research Council(略称IRC)が,31年に改組されてICSUとなった。第2次大戦後,ICSUは国際連合教育科学文化機関(UNESCO)と協定を結び,国際的な学会連合の代表機関として認知されて財政的な援助を受けるようになり,本格的な活動を開始した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

国際学術連合会議
こくさいがくじゅつれんごうかいぎ
International Council of Scientific Unions
1919年発足の国際学術研究会議International Research Council(IRC)を前身として1931年に設立された、非政府、非営利の国際学術機関。略称ICSU。1998年4月、国際科学会議International Council for Scienceに改称された。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国際学術連合会議
こくさいがくじゅつれんごうかいぎ
国際科学会議」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際学術連合会議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際学術連合会議の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.