Rakuten infoseek

辞書

国際単位系【こくさいたんいけい】

知恵蔵

国際単位系
メートル法の単位を基に、現代の科学技術及び一般の社会活動の諸分野で共通に使用できるよう編成された、実用的な単位系。1960年の国際度量衡総会(CGPM)で、「国際単位系」の名称と略称SIが採択された。同次元の量ごとにただ1つのSI単位を置き、各SI単位相互間は数値係数なしの代数式(乗算除算の組み合わせ)で結ばれる。このSI単位を実用上便利に使うため、必要に応じてキロ(k)、ミリ(m)などの接頭語を付し、10の整数乗倍の単位を作ることができる。基本文書は、国際度量衡局(BIPM)から発行されている。最新版は2006年5月発行の第8版(日本語版は日本規格協会から07年12月に産業技術総合研究所・計量標準総合センター訳編として発行)。
(今井秀孝 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

こくさい‐たんいけい〔‐タンヰケイ〕【国際単位系】
各種の単位系に分かれたメートル法の単位を整理し、基本単位組み立て単位、およびこれらの倍数・分数の単位を一つにまとめた単位系。1960年の国際度量衡総会で採択。メートル(長さ)・キログラム質量)・(時間)・アンペア電流)・ケルビン(温度)・カンデラ光度)・モル物質量)の七つを基本単位にとる。日本では平成4年(1992)以降、3~7年の猶予期間を経て順次施行。SI(Système International d'Unités)。SI単位系
[補説]SI接頭語(SI単位の10の倍量・分量を表す接頭辞)
SI接頭語記号乗数
ヨタ(yotta)Y1024
ゼタ(zetta)Z1021
エクサ(exa)E1018
ペタ(peta)P1015
テラ(tera)T1012
ギガ(giga)G109
メガ(mega)M106
キロ(kilo)k103
ヘクト(hecto)h102
デカ(deca)da10
デシ(déci)d10-1
センチ(centi)c10-2
ミリ(milli)m10-3
マイクロ(micro)μ10-6
ナノ(nano/nanno)n10-9
ピコ(pico)p10-12
フェムト(femto)f10-15
アト(atto)a10-18
ゼプト(zepto)z10-21
ヨクト(yocto)y10-24

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくさいたんいけい【国際単位系 international system of units】
メートル条約の全締約国が採用することのできる単一の実用的な計量単位系として1960年に採用された単位系。その国際的な略称をSIといい,フランス語système international d’unitésの略である。
[沿革]
 メートル法は日常の度量衡単位として制定された単位系であるが,1832年に地磁気測定に応用されて以来,89年の国際度量衡局による標準供給の開始とあいまって,その合理性から広く科学,技術に普及し,同時に適用領域ごとにつごうのよい単位が作られ,さまざまな単位系に分化していくが,19世紀に盛んになった電磁気の分野でも新しく単位や標準を作る必要があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくさいたんいけい【国際単位系】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国際単位系
こくさいたんいけい
1960年の国際度量衡総会で決議された単位系。すべての時代に、すべての人々が、ただ一つの単位系で、というスローガンでつくられたメートル法も、度量衡以外の科学や工業用の諸量の単位を追加してゆく過程で、いくつかの単位系に分かれてしまった。そこでこれらを再統一しようという目的で制定された。度量衡はフランス語を公用語とする、という慣行に従ってSystme International d'Unitsとよばれ、国際統一略称をSIとすることも決議された。そこでSIに属する単位をSI単位という()。
 決議当時は6個の基本単位(長さのメートルm、質量のキログラムkg、時間の秒s、電流のアンペアA、熱力学温度のケルビン度、光度のカンデラcd)をとり、これらを代数的に組み合わせることによって諸物理量の単位(組立単位)をつくった。別に二つの補助単位(平面角のラジアンrad、立体角のステラジアンsr)を設けるが、1995年に、これら二つの補助単位は無次元の組立単位とみなすこととなった。
 単位の倍量、分量はすべて十進法とし、各単位に共通の10の整数乗倍を表す12個の接頭語を設けた(現在は20個)。単位および接頭語には記号が定められる。
 この単位系の特徴は、まず各単位は基本単位から同じ原則によって組立単位として導かれる首尾一貫した系をなすということである。次に、一つの物理量に対して、ただ一つの単位が対応するということ。そしてすべて十進法で一貫していることである。しかし一挙にこの単位系で国際統一を行うことは困難なので、国際度量衡委員会は、SI単位以外のいくつかについて、併用できるもの、特殊な分野に限って併用するもの、および暫定的に併用できるものを具体的にあげている。併用するものの例に六十進法の時間と角度の単位がある。重力単位系はただちに廃止することになっているが、これは各国とも工学に用いているものであるため、統一上の問題はほとんどここに集中される。
 2012年時点で、基本単位は物質量の単位モルmolが追加されて7個になり、熱力学温度のケルビン度()はケルビン(K)と改められている。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくさい‐たんいけい ‥タンヰケイ【国際単位系】
〘名〙 メートル法による計量単位の国際的統一を目的とする単位系。一九六〇年の第一一回国際度量衡総会で決定。基本単位として長さにメートル(m)、質量にキログラム(kg)、時間に秒(s)、電流にアンペア(A)など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

国際単位系
コクサイタンイケイ
International System of Units

国際的に定められた単位系.略称SI.1960年,国際度量衡総会(Conférence Générale des Poids et Mesures)で採択し,その後一部が修正されたが,国際純正および応用化学連合(IUPAC)でも,1969年にこれを採択し,この単位系の一般的使用を勧告している.この単位系は kg,m,s,A,K,mol およびカンデラ(cd)の七つを基本単位とし,1種類の物理化学量につき1種類の単位を用いる.これらの基本単位の積または商から導かれる多数の誘導単位がある.また,上記の七つの基本単位のほかに,角度に関するラジアン(rad)とステラジアン(sr)を補助単位としてとっている.これらの諸単位の10のべき数を表す接頭語16を定めている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国際単位系
こくさいたんいけい
SI」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際単位系」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国際単位系の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.