Rakuten infoseek

辞書

国連食糧農業機関【こくれんしょくりょうのうぎょうきかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国連食糧農業機関
こくれんしょくりょうのうぎょうきかん
Food and Agriculture Organization of the United Nations; FAO
各国の農産物の生産,分配の能率改善,栄養と生活水準の向上などを目的とする,国連専門機関の一つ。1943年にアメリカ合衆国で開催された連合国食糧農業会議は,人類の栄養不良,飢餓の問題に対処する常設機関の設立を決議した。1945年10月,カナダのケベックで FAO憲章が署名され,第1回総会が開催された。アメリカ合衆国のワシントンD.C.に臨時本部を設置し,戦後の食糧問題に対処したが,1947年にイタリアのローマ所在の万国農業協会(1905設立の政府間機関)を吸収し,1951年に本部をローマに定めた。日本は同 1951年の総会で加盟を認められた。FAOの主要機関は総会,理事会,事務局である。総会は 2年ごとの開催で,議決は 3分の2の多数決で行なう。FAOを母体として,国際米穀委員会,インド太平洋漁業委員会など多くの国際機関が誕生している。国連総会と FAOは,1961年,開発途上国のために世界食糧計画 WFPという共同援助を決議,事務局をローマに設置した。また農林漁業の各分野で環境問題もとり上げて広範な活動を展開している。FAOアジア太平洋地域事務所はタイのバンコクに所在する。年次報告『世界農業白書』が発表されている。2010年現在,加盟国は 191ヵ国およびヨーロッパ連合 EU。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

国連食糧農業機関
1945年設立。ローマに本部を置く専門機関。加盟国は2006年8月現在、189の国家とEC(旧EEC)。世界の栄養水準および生活水準の向上、食糧と農業生産の増大、農村地域の生活条件の改善などを任務とし、その分野の技術援助も行う。創立記念日の10月16日を世界食糧デーとし、世界の食糧問題の重要性に対する関心を高めようとしている。
(最上敏樹 国際基督教大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

こくれん‐しょくりょうのうぎょうきかん〔‐シヨクリヤウノウゲフキクワン〕【国連食糧農業機関】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくれんしょくりょうのうぎょうきかん【国連食糧農業機関】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

国連食糧農業機関
こくれんしょくりょうのうぎょうきかん
Food and Agriculture Organization of the United Nations
国際社会における農業の発展を目的とした、国際連合の専門機関の一つ。略称FAO(ファオ)。1905年に設立された万国農事協会International Institute of Agriculture(IIA)の事業と資産を引き継いだもので、1943年の連合国食糧農業会議の設立決議に基づき、1945年10月16日に発足した。
 FAOの目的は、人類の栄養水準と生活水準を向上させ、食糧および農産物の生産と分配の能率を改善し、農村住民の生活条件を改善することにより世界経済の拡大に寄与することである。このため、栄養、食糧および農業(水産業、林業を含む)に関する資料の収集・分析・配布、栄養、食糧、農業、資源保全、農業生産性、農業金融、農産物商品協定などに関する国内的・国際的措置の促進と勧告、技術援助の供与などが行われる。
 FAOの本部はローマに置かれ、職員は2009年時点で937人(専門職以上かつ通常予算による職員)を有し、加盟国は2010年時点で191か国および1加盟機関(ヨーロッパ共同体=EC)である。日本は1951年(昭和26)の第6回総会において加盟申請を行い承認された。FAOの主要機関には、最高政策決定機関である総会、49の理事国で構成される理事会、事務局がある。理事会には常設の下部機関として、計画、財政、憲章法律事項、商品問題、水産、農業、林業、世界食糧安全保障の8委員会が設置されている。これまで、アフリカの食糧農業問題、国際森林の保護、排他的経済水域内の漁業資源の管理、持続可能な農業資源開発、農産物の流通改善、農村開発などの問題が検討された。[横川 新]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国連食糧農業機関」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国連食糧農業機関の関連情報

他サービスで検索

「国連食糧農業機関」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.