Rakuten infoseek

辞書

国語【こくご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国語
こくご
次のようないろいろの意味で使われる。 (1) 1つの独立国家において公に認められた言語 (→標準語 , 共通語 ) 。国家語ともいう。フランスの「国語」はフランス語である。アイヌ語のような民族語は,この意味では「国語」ではない。また,スイスのように,ドイツ語,フランス語,イタリア語ロマンシュ語の4つの国語をもっている国もある。また,日本,中国,韓国などのように漢字を用いる国では,他国の言語よりも特に重んじる意味で,尊厳の気持を加えて用いられることがある。 (3) を参照。 (2) 1つの独立国家における諸民族の言語の総体で,諸方言も含む。プロバンス方言もフランスの「国語」に属する。なお,日本では古く「国語」が「お国言葉」すなわち方言の意味で用いられたこともある。 (3) 日本語のこと。これが日本における通常の用法であるが,「国語」には日本だけのものといった排外的 (閉鎖的) 意味が伴いがちなので,より客観的に世界の言語の一つとして「日本語」と呼ぶ立場もある。 (4) 漢語外来語に対して,本来の日本語の意味。「和語」に同じ。 (5) 俗に教科の「国語科」の意。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国語
こくご
Guo-yu
中国,古代の歴史書。『春秋外伝』ともいう。 21巻。国別春秋時代史。「国語」とは「各国の歴史物語」の意。『周語』 (3巻) ,『語』 (2巻) ,『斉語』 (1巻) ,『晋語』 (9巻) ,『鄭語』 (1巻) ,『楚語』 (2巻) ,『語』 (1巻) ,『越語』 (2巻) に分れ,それぞれが史談集という形で記されている。各国史ではあるが同時代の主要国はすべて含まれ,春秋時代全史でもある。古くから『春秋左氏伝』同様,魯の左丘明の著といわれるが,1人ではなく各国の史官の記録もしくは別々の著述を漢代頃編集したと思われる。三国呉の韋昭 (いしょう) の注が多く用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こく‐ご【国語】
一国の主体をなす民族が、共有し、広く使用している言語。その国の公用語共通語
日本の言語。日本語。
国語科」の略。「国語の先生」
外来語漢語に対して、日本固有の言葉。和語。大和(やまと)言葉。
[補説]書名別項。→国語

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こくご【国語】[書名]
中国の歴史書。21巻。左丘明の著といわれるが未詳春秋時代を中心とする魯(ろ)鄭(てい)・楚(そ)・の各国別の記録。「春秋左氏伝」と並び称された。春秋外伝。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくご【国語】
一般には〈日本語〉の意味で使われているが,〈何ヵ国語も話せる〉というような場合は,他と異なる記号の体系としての言語をさす。しかしより厳密にそれぞれの国の自国語という意味では,ある国家の公的な言語をさし,〈国家語〉あるいは,〈公用語〉ともいう。アイヌ語はこの意味で国語ではない。国家語をもたない国家はないが,ある言語が,2ヵ国以上の国家語となることはありうる。たとえば,英語はイギリス連邦諸国,アメリカ合衆国の国家語である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こくご【国語 Guó yǔ】
中国,春秋時代の歴史を国別にまとめた書。21巻。著者は不明。孔子の門人の左丘明の作とする説があり,《左氏伝》を〈春秋内伝〉と言うのに対して,〈春秋外伝〉と称される。春秋時代には斉・晋・楚・呉・越がかわるがわる中国の覇権をにぎり,歴史はその興亡を主軸として展開された。本書はこの5国,いわゆる春秋の五覇に,旧大国である周・魯・鄭の3国を加えて構成されている。記載する年代は,周の穆(ぼく)王35年(前967)から貞定王16年(前453)までで,《春秋》が記載する年代(前722‐前481)よりはるかに長い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくご【国語】
国家を形成する成員が自国語として使用し、共通語・公用語となっている言語。
(自国語としての)日本語。
漢語・外来語に対して、日本固有の語。和語。やまとことば。
国語科」に同じ。 「 -の授業」
書名(別項参照)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こくご【国語】
中国、春秋時代の八国(周・魯・斉・晋・鄭・楚・呉・越)の国別の歴史を記した書。二一巻。左丘明著と伝えるが不明。三国時代の呉の韋昭いしようの注がある。「左氏伝」を「春秋内伝」と呼ぶのに対し、「春秋外伝」とも呼ぶ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こく‐ご【国語】
[1] 〘名〙
① ある一国における共通語または公用語。その国民の主流をなす民族が歴史的に用いてきた言語で、方言を含めてもいう。
※解体新書(1774)一「凡有物必有羅甸与国語、今所直訳、悉用和蘭国語也」
② 特に、日本の言語。日本語。みくにことば。邦語
※随筆・秉燭譚(1729)二「日本にて文尾に必あなかしこと書き〈略〉あなとは国語にて発語の音、かしことはおそるることなり」
③ 借用によらない、日本固有の語。漢語、外来語に対していう。和語。やまとことば。
※寄合ばなし(1874)〈榊原伊祐〉初「国語(コクゴ)で言へばつひわかる事を、漢語でむづかしくいふて」
④ 学校教育の教科の一つ。日本の言語および言語文化を取り扱う。「漢文」と対置または併称され、またこれを内容に含む場合がある。〔文部省布達番外‐明治五年(1872)九月八日〕
[2] 中国の史書。二一巻。魯の太史左丘明の著と伝えるが未詳。春秋時代の八か国の歴史を国別に記したもので、周語三巻、魯語二巻、斉語一巻、晉語九巻、鄭語一巻、楚語二巻、呉語一巻、越語二巻から成る。呉の韋昭(いしょう)の注がある。盲史。外伝。春秋外伝。左氏外伝。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国語の関連情報

他サービスで検索

「国語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.