Rakuten infoseek

辞書

国立銀行【こくりつぎんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国立銀行
こくりつぎんこう
明治5 (1872) 年に制定された国立銀行条例に基づく日本における最初の近代的銀行制度。明治政府は維新当初に乱発し,価値の低下した各種の政府紙幣を回収し,代って兌換銀行券を流通させて通貨価値を安定させるため,国立銀行条例を制定した。しかし銀行券が正貨兌換であったため,当初この条例に基づいて設立された国立銀行は4行にすぎず,政府紙幣回収の効果はあまりなかった。その後明治政府は家禄制度を廃止して華族,士族に交付した金禄公債を銀行券発行の担保とし,金禄公債の価値を維持するとともに,豊富な産業資金を供給するため,1876年国立銀行条例を改正して正貨兌換を政府紙幣兌換に改めた。この結果多数の国立銀行が設立され,国立銀行券の発行高は増加したが,西南戦争の軍費として政府紙幣が増発されインフレーションを招いたので,政府は国立銀行の総資本額を限定するとともに,79年の第百五十三国立銀行の設立を最後に国立銀行設立免許を停止した。のち 82年日本銀行が設立され,銀行券の発行は日本銀行に集中されることになり,また 83年国立銀行条例は再度改正され,各国立銀行の営業期間はそれぞれの開業免許の日から 20年とし,その後は普通銀行に転換されることになった。こうして国立銀行は 99年までに銀行条例 (1890公布) に基づく普通銀行に移行した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こくりつ‐ぎんこう〔‐ギンカウ〕【国立銀行】
明治5年(1872)制定の国立銀行条例に基づき、政府発行の不換紙幣の整理と殖産興業資金の供給を目的に設立された銀行。銀行券の発行権を有し、全国的に153行に達したが、同15年の日本銀行設立に伴い、同32年までに普通銀行に転じた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくりつぎんこう【国立銀行】
国立銀行条例にもとづき設立された最初の銀行。政府は政府紙幣の整理と殖産資金の供給をはかるため,アメリカの国法銀行制度national banking systemをモデルとして,1872年(明治5)11月15日国立銀行条例を制定した。そして国立銀行は,(1)株式会社組織を採用する,(2)資本金の6割を政府紙幣をもって政府に納入し,これと引換えに交付された公債証書を抵当として同額の銀行券を発行する,(3)資本金の4割を正貨をもって払い込み,兌換(だかん)準備にあてる,また,(4)発券業務のほか,預金・貸付け,為替など通常の銀行業務を営むものと定めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくりつぎんこう【国立銀行】
1872年(明治5)制定の国立銀行条例に基づき設立された銀行。政府発行の不換紙幣の整理と殖産興業資金の供給を目的に、全国に一五三行が設立された。82年日本銀行の設立に伴い、99年までに普通銀行に転換した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国立銀行
こくりつぎんこう
明治初年に多量に発行された不換の政府紙幣(太政官(だじょうかん)札など)の整理と、殖産興業資金の供給を目的に、アメリカのナショナルバンク・アクト(国法銀行法)を範に1872年(明治5)11月に制定された国立銀行条例に基づいて設立された銀行。国立銀行は、(1)株式会社組織をとる、(2)資本金の60%を政府紙幣で出資、これを政府に納付して、同額の金札引換公債を受領し、同公債を抵当に国立銀行券を発行する、(3)資本金の40%を正貨で出資、銀行券の兌換(だかん)準備にあてる、(4)発券業務のほか、預金、貸出、為替(かわせ)などの通常の銀行業務を営む、ものとされた。このような国立銀行が設立されるにしたがって、政府紙幣は回収され、流通貨幣はすべて正貨兌換券となり、近代的貨幣制度が樹立されるとともに、殖産興業資金も安定的に供給されるものと期待された。しかし、国立銀行の設立は東京の第一国立銀行など4行にとどまり、政府紙幣の増発も続いたため、発行された国立銀行券はただちに兌換されるという事態が続き、各行とも営業困難に陥った。
 たまたま秩禄(ちつろく)処分による大量の金禄公債が発行されることとなり、これを放置しておけば公債下落は必然的で社会問題化する懸念が大きかった。政府は1876年8月に国立銀行条例を改正し、銀行券の発行額を資本金の80%に引き上げ、その抵当公債として金禄公債証書を認め、かつ正貨兌換を政府紙幣兌換と改めた。政府が積極的に士族授産に銀行設立を勧奨したこともあり、1879年12月に国立銀行設立免許が停止されるまでに153の国立銀行が各地に設立された。しかし、1876年の条例改正で国立銀行券は事実上不換紙幣となり、西南戦争の軍費として政府紙幣が増発されたのと相まって、インフレーションを助長するに至った。
 このため政府は紙幣整理に着手することとなり、1882年の日本銀行設立とともに銀行券の発行を同行のみに限定することとし、翌83年には国立銀行条例を再改正し、営業年限は開業日より20年、発行紙幣は営業年内に回収、以後は普通銀行に転換すべきものとした。この間に産業革命も達成され、金融制度の目覚ましい発展もあり、1899年2月までに122行の国立銀行が普通銀行に転換、残余は他行に吸収合併されるか解散した。国立銀行は日本最初の近代的な銀行として銀行制度発達の基礎をなすものであり、以後その多くのものが各地の銀行の中核的存在となった。なお今日でも、現存の銀行で国立銀行のときのナンバーを行名に残しているものもある。[岡田和喜]
『加藤俊彦・大内力編『国立銀行の研究』(1963・勁草書房) ▽明治財政史編纂会編『明治財政史13 銀行』復刊(1972・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくりつ‐ぎんこう ‥ギンカウ【国立銀行】
〘名〙 明治五年(一八七二)の国立銀行条例によって、政府発行紙幣の消却処分などを目的として全国各地に設立された銀行。銀行券発行を認められたが、日本銀行の設立に伴い、同三二年までに大半は普通銀行に転換、残余は他行に吸収合併されるか解散した。
※東京開化繁昌誌(1874)〈萩原乙彦〉初「国立銀行とは俗にいふ、為替会社の事なりとぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立銀行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国立銀行の関連情報

関連キーワード

ダンディ富岡製糸場日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女アルルの女ムソルグスキーラランドモンク竹本長十郎

他サービスで検索

「国立銀行」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.