Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

国璽【コクジ】

デジタル大辞泉

こく‐じ【国璽】
国家の表象として用いる。日本では明治元年(1868)から使われ、現用のものは明治7年(1874)に作製された約9センチ四方の金印。ともに「大日本国」と刻された。現在は勲記だけに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こく‐じ【国璽】
〘名〙 国家の表象としての印章。日本では、明治元年(一八六八)正月、石材方形の「大日本国璽」がはじめて用いられ、同七年に現行の二寸九分(約八・九センチメートル)の方形、純金材のものに改刻された。旧帝国憲法のもとでは、外交文書・国書・勲記などに用いられた。新憲法のもとでは勲記だけに用いられている。宮内庁が保管。
※幕末御触書集成‐六・安政四年(1857)一一月五日「予此書に合衆国の国璽を添へ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国璽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国璽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.