Rakuten infoseek

辞書

国民投票

朝日新聞掲載「キーワード」

国民投票
国政上の重要な事項について国民が直接行う投票ヨーロッパでは法律をつくって実施するも多いが、アメリカには存在しない。日本国憲法は96条で憲法改正の手続きとしての国民投票を定めている。これに基づく国民投票法が2007年に成立し、昨年5月に施行されたが、改憲以外の事項に関する国民投票の定めはない。
(2011-07-06 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

こくみん‐とうひょう〔‐トウヘウ〕【国民投票】
議員その他の公務員選挙以外の国政上重要な事項について国民が行う投票。日本国憲法改正の手続きでは必要とされている。
レファレンダム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくみんとうひょう【国民投票】
議員その他の公務員の選挙以外の事項について国民がおこなう投票。直接民主制の手続の一環として法制度上に定められたレファレンダムイニシアティブなどをいうが,ときには,超法規的な政治手続としておこなわれるプレビシット人民投票まで含めて用いられることもある。現在日本の国民投票の制度としては,憲法改正のための国民投票(憲法96条1項)と地方自治特別法制定のための住民投票(憲法95条)の二つしかない。【西尾 勝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こくみんとうひょう【国民投票】
議員その他の公務員の選挙以外の国政の重要な事項について、国民一般が行う投票。日本国憲法は、憲法改正についてこれを認めている。 → レファレンダム

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国民投票
こくみんとうひょう
referendum
直接民主制の一形態。提案された国政に関する重要事項(たとえば憲法改正)について、議会の議決のみによって確定しないで、さらに、選挙権を有する国民の一般投票によって、最終的な賛否を問う制度である。すなわち、国民が、議員その他公務員の選挙以外の重要事項の決定に直接その意思を表明し、可否を決定することをいう。起源は遠く古代ギリシアにさかのぼるが、近世における国民投票の発祥地はスイスである。憲法の国民投票による決定は、1780年アメリカのマサチューセッツで行われたものが世界最初であり、次は1784年のニュー・ハンプシャーである。しかし、憲法のみならず、一般の立法にも及んで頻繁にこれを実行して、あたかも自国特有の制度のように発展せしめたのは、スイスである。レファレンダムの名称もまたスイスからおこったのである。この意味において国民投票の真の本国はスイスであるといってよい。レファレンダムの名称は16世紀から伝わったもので、その起源は15、16世紀ころの諸州の旧慣にある。諸州の村落の代表者は、法を決定する前にいちおう村落の住民の意見を聞き(ad audiendum)、その訓令を受ける(ad referendum)必要があった。現在、国民投票によって法律その他を決定する方法をreferendumというのは、このad referendumということばから出たのである。
 国民投票が必要とされる理由は、議会政治に対する国民の極度の不信の結果である。議会は「国民の縮図である」べきにもかかわらず、民意は議会に反映していない。国民が「自由なのは議員の選挙のときだけにすぎない。議員の選挙が済んでしまえば、彼等はとるにも足らぬ奴隷になってしまう」(ルソー)。この結果として、議会政治への不信が高まってゆくのである。ここに、国民投票によって、この不信を是正しようとする声があがる最大の理由がある。
 国民投票には任意的国民投票と強制的国民投票がある。前者は、議会の議決した法案を国民投票に付するか否かは、他の国家機関(たとえば内閣)の任意によらしめる。後者は、かならず国民投票に付するのである。国民投票は議会政治への国民的不満を平穏に治める長所はあるが、国民投票に付した事項の修正は不可能である。また棄権者が多くなるなどの短所がある。スイスでは連邦憲法の改正(第123条)に、フランスも憲法改正(第89条)に、日本国憲法も憲法改正(第96条)に、国民投票を採用している。アメリカでも多数の州で採用されている。[伊藤 勲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こくみん‐とうひょう ‥トウヘウ【国民投票】
〘名〙 議員その他の公務員の選挙を除き、政務に関する重要な事柄について国民一般が行なう投票。直接民主制の一つ。日本の憲法では、憲法改正の場合に行なうとしている。人民投票。レファレンダム。
※ブウランジェ将軍の悲劇(1935‐36)〈大仏次郎〉ナポレオンの夢「国民投票。憲法の修正。坦々とした大道なのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

国民投票
国民審査」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

国民投票
代議制民主主義」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国民投票
こくみんとうひょう
人民投票」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国民投票」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国民投票の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.