Rakuten infoseek

辞書

国民保養温泉地【こくみんほようおんせんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国民保養温泉地
こくみんほようおんせんち
温泉法に基づいて環境省が指定する国民の保健休養のための健全な温泉地。温泉環境が良好で,温泉の効能が顕著なこと,料金が低廉で交通が便利なことなどがその条件となる。 1954年に青森県の酸ヶ湯温泉,栃木県の日光湯元温泉(→湯元温泉),群馬県の四万温泉が第1回の指定を受けた。2016年5月までに 94ヵ所が指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくみんほようおんせんち【国民保養温泉地】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

国民保養温泉地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国民保養温泉地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.