Rakuten infoseek

辞書

国歌八論【こっかはちろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国歌八論
こっかはちろん
江戸時代中期の歌論書。1巻。荷田在満 (かだのありまろ) が,主家田安宗武に求められて書いて献上した。寛保2 (1742) 年成立。歌源,翫歌,択詞,避詞,正過,官家古学,準則の8論から成る。「華」を重んじるという文芸的な立場で,『新古今和歌集』の風体を高く評価した。『万葉集』尊重の宗武はこれに対して,同年,駁論『国歌八論余言』を書いた。この文学観の相違なども原因となり,在満は田安家を退き,代って賀茂真淵が仕えた。真淵は『国歌八論憶説』 (44) を著わして宗武の論を支持,さらに在満,宗武らに再論があり,大きな文学論争となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こっかはちろん〔コクカハチロン〕【国歌八論】
江戸中期の歌論書。1巻。荷田在満(かだのありまろ)著。寛保2年(1742)成立。和歌の本質・歴史などについて述べ、近世歌壇に新風を吹き込んだ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こっかはちろん【国歌八論】
歌論書。1巻。荷田在満(かだのありまろ)著。1742年(寛保2)に田安宗武の要請により書かれたもので,在満の和歌観が率直にのべられている。内容は,歌源論,翫歌論,択詞論,避詞論,正過論,官家論,古学論,準則論の八つの論から成る。歌の起源,歌風の変遷,作歌における言葉の問題,堂上歌学に対する批評,古典の研究,和歌の基準などが論じられている。在満は歌の起源について,歌は心をなぐさめるために作られたものであり,のちの時代の歌は詞花言葉を翫(もてあそ)ぶものと考え,《新古今集》を美意識と表現技のもっとも発達した最高の歌集と評価した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こっかはちろん【国歌八論】
歌論書。一巻。荷田在満かだのありまろ著。1742年成立。歌源・翫歌・択詞・避詞・正過・官家・古学・準則の八論からなり、古学の立場から、和歌の本質・変遷を論じ、禁制・伝授の考えを批判。心より詞を重んじ、新古今風を唱えた。田安宗武の求めに応じて献進された書。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国歌八論
こっかはちろん
荷田在満(かだありまろ)の歌学書。1742年(寛保2)成立。この年、田安宗武(たやすむねたけ)から和歌に関する10項目について意見を求められ、そのうち8項目について答えたもの。宗武はすぐに『国歌八論余言』を著し、在満に反論し、一方、在満は当時江戸にきていた賀茂真淵(かもまぶち)にも意見を『国歌論臆説(おくせつ)』という形で提出させたため、三者の論争となった。この事件を『国歌八論』論争と称する。このときの在満の立場は、歌は「天下の政務に益なく、また日用常行にも資(たす)くる所なし」という翫歌(がんか)論のそれであった。歌風は新古今風をよしとした。宗武は文芸を教学とみなし、万葉調の歌を好んだため、根本から在満と対立した。[萱沼紀子]
『重松信弘著『近世国学の文学研究』(1974・風間書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こっかはちろん コクカハチロン【国歌八論】
江戸中期の歌論書。一巻。荷田在満(かだのありまろ)著。寛保二年(一七四二)成立。「歌源」「翫歌(がんか)」「択詞」「避詞」「正過」「官家」「古学」「準則」の八論に分け、和歌の本質、歴史などについて述べる。田安宗武の求めに応じて献進したもので、堂上派歌人や定家を否定し、古今伝授の無意味さを説いて、古学に基礎を置いた自由な立場をとった。近世歌壇に新風を吹き込むものであるが、宗武や賀茂真淵らから意見が出され、近世歌論史上最も関係歌論の多い論争を生む契機となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国歌八論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国歌八論の関連情報

他サービスで検索

「国歌八論」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.