Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

国府【こう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国府
こう
愛知県南東部,豊川市中西部の旧町域。1894年町制施行。1943年豊川町,牛久保町,八幡村と合体して豊川市となった。地名三河国国衙が置かれたことに由来し,隣接地の八幡に国指定史跡三河国分寺跡三河国分尼寺跡,および八幡宮本殿が国指定重要文化財)がある。東海道に沿う市場町として発展し,周辺農村の商業地となった。名古屋鉄道,国道1号線が通って交通条件がよく,市化が進んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国府
こくふ
岐阜県北部,高山市中北部の旧町域。宮川中流域に広がる古川盆地南部を占める。 1964年町制。 2005年高山市に編入。地名は飛騨の国府が置かれたことに由来。国宝安国寺経蔵をはじめ文化財,旧跡に富む。北西部は宇津江四十八滝県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国府
こくふ
鳥取県東部,鳥取市東部の旧町域。扇ノ山に発する袋川流域に位置する。 1957年宇倍野村と大成村が合体して町制。 2004年鳥取市に編入。古代因幡国政治の中心地で,地名は国府があったことに由来する。山地が大半を占め,スギヒノキの美林が多い。二十世紀梨,野菜を産する。伊福吉部徳足比売 (いふきべとこたりひめ) 墓跡と栃本廃寺跡,鳥取藩主池田家墓所,因幡国庁跡,彩色壁画の梶山古墳は国の史跡。因幡国の一の宮である宇倍神社,岡益の石堂条里制遺構などの旧跡が多く,松尾にある学行院の木像薬師如来と吉祥天は国の重要文化財。一部は氷ノ山後山那岐山国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国府
こくふ
徳島県東部,1967年に徳島市に編入された吉野川南岸の地区。吉野川とその支流鮎喰川 (あくいがわ) の間の沖積地を占める。府中 (こう) には上代の国府跡があり,現在は近郊農業地帯となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国府
こくふ
令制の国衙 (こくが。地方行政官庁) の所在地。国府という言葉はすでに奈良時代からみられ,その所在地は中央の意思で決定され,必ずしもその国の中心にあったとはかぎらない。大化改新の際制定された駅路の制 (→駅伝制度 ) に従い,その国を治するのに便利な交通の要地で,中央政府に最も近い地点が選ばれたものと思われる。たとえば,越前の国府は丹生郡府中 (現在の福井県武生市) にあって,南西に偏している。越中の国府は現在の富山県高岡市伏木町に,越後の国府は新潟県直江津市 (現在の上越市) にあって,いずれも西にかたよった位置にあり,このことは,中央から遠く離れた国々に多くみられる。北東端の陸奥の国府,南西の筑紫の大宰府などもその例である。国府の規模は,周防国府遺構によって,だいたい想定することができる (→周防国衙跡 ) 。方8町の地域に,中央の政庁と同様に高い土塁 (羅城) をめぐらし,その中に官人の居宅と,中央より北に方2町の国衙とがあり,税所 (さいしょ) ,調所 (ずしょ) などの諸局があって,そこで国司政務をとった。国司制度の崩壊と武士の興隆によって,鎌倉時代以後は,その付近に設けられた護所にその機能が引継がれていった。現在,国府,古府,府中などといわれる地名は,国府の所在地であった。また国分 (こくぶ) という地名は,国府と国分寺との所在地を混同したものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう〔コフ〕【府】
こくふ」の音変化。
「道の口、武生の―に我はありと親に申したべ」〈催馬楽・道の口〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく‐ふ【国府】
《「こくぶ」とも》律令制で、国ごとに置かれた地方行政府。国衙(こくが)。また、その所在地。府中。
国民政府」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

国府
 律令[りつりょう]時代に各国に1つづつ置かれた、その国を治める役所です。中央から送られてきた国司[こくし]が政務をとります。しかし、荘園[しょうえん]が各地に広まるとすたれていきます。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくふ【国府】
律令制下における国の官衙かんが)の所在地。史料的には〈国府〉〈国衙〉はいずれも国の官衙を指すが,現在では国衙は官衙を,国府は国衙の周囲に広がる計画的な都市を示す用語として使うことが多い。7世紀後半における国‐国司制の施行とともに諸国に設けられた。国衙は国の支配の拠点で,国司(守,,目)が中央政府から派遣されて駐在し,国の行政,司法軍事宗教などのあらゆる面を統轄した。また役夫や兵士が上番していた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こう コフ【国府】
〘名〙 「こくふ(国府)」の変化した語。
※催馬楽(7C後‐8C)道の口「道の口 武生(たけふ)の己不(コフ)に 我ありと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく‐ふ【国府】
[1] 〘名〙 (「こくぶ」とも) 令制で、国ごとに置かれた地方行政府(国衙)。また、その所在地。現在にも府中、国府など地名として残る。府中。こう。〔続日本紀‐霊亀元年(715)一〇月丁丑〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

国府
こくふ
律令制下における国衙 (こくが) の所在地
その国の政治・経済・交通(特に都との連絡)の要点に置かれ,国府・府中・府内などの地名や,条里制の遺制,国分寺などの遺跡を残している。周防 (すおう) の国府(防府市)の遺構は有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国府」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国府の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.