Rakuten infoseek

辞書

国光【クニミツ】

デジタル大辞泉

くにみつ【国光】
鎌倉後期の刀工。粟田口国綱(あわたぐちくにつな)の子という。通称新藤五。法名、光心。鎌倉に住む。短刀の名人で、太刀は少ない。正宗はその弟子とされる。生没年未詳。
来国光(らいくにみつ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こっ‐こう〔コククワウ〕【国光】
国の栄光。国の威光。
リンゴの一品種。果皮は紅黄色で、比較的酸味が少ない。晩生で収穫量が多く、貯蔵がきく。 秋》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くにみつ【国光】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くにみつ【国光】
南北朝初期、山城の刀工。次郎兵衛尉。来国俊の子。国次と並んで来派の双璧。短刀が多い。
鎌倉末期、鎌倉の刀工。新藤五と称す。粟田口国綱の子との説がある。法名光心。鎌倉鍛冶かじの開祖。小振りの短刀が多く、締まりのよい姿と美麗な地鉄じがねで、藤四郎吉光とともに短刀作者の双璧。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こっこう【国光】
国の名誉・栄光・威光。
リンゴの品種の一。果皮は紅黄色でやや厚く、果肉は酸味が薄い。晩生種で貯蔵がきく。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くにみつ【国光】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こっ‐こう コククヮウ【国光】
〘名〙
① その国の文化。その国の風俗や制度、また地理などの状態。国風。〔易経‐観卦〕
② 国の栄光。国の名誉。国の威光。国華。
※夢醒真論(1869)〈貞方良助〉付録「何ぞ国光を海外に輝かすに暇あらんや」
リンゴの一品種。晩生で、色は紅黄。酸味の薄いもの。《・秋》

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国光」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国光の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.