Rakuten infoseek

辞書

国一揆【くにいっき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

国一揆
くにいっき
守護領国制が強化されていく南北朝室町時代に国侍,国人国衆と呼ばれる土豪層が,領主権を確保するために起した一揆守護支配に反抗した国人の戦いは,土一揆とは異なって,農民的な要求ではなく,在地領主制形成への要求が強い。 (→山城国一揆 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くに‐いっき【国一×揆】
室町時代、国衆(くにしゅう)国人(こくじん)とよばれていた小領主や農民が、荘園領主や守護に抵抗して一郡ないし数郡の規模で起こした一揆

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くにいっき【国一揆】
南北朝・室町時代に在地領主層が中央・地方における動乱への対応,および領主権確保を目的とし,契状を取り結ぶなどして地域的に連合した形態をいう。(1)一定の政治的意図をもって上から組織されたもの(九州探題今川了俊が南朝側勢力討伐のためにその軍事力として編成した面をもつ1377年(天授3∥永和3)の南九州国人一揆など),(2)新任の守護に軍事的に対抗したもの(1400年(応永7)信濃国人が守護小笠原氏と戦ったもの,後述の安芸国人一揆など),(3)山城国一揆のように,畠山氏両軍を追放して国人層による国内支配をおこなった事例,などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くにいっき【国一揆】
室町時代、国人・土民などと呼ばれた中小の在地領主たちが、守護勢力の支配に対抗して起こした一揆。山城国一揆はその代表的例。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

国一揆
くにいっき
室町・戦国時代に畿内(きない)を中心にして、在地土豪や農民たちが守護の領国支配を排除し、国持(くにもち)体制を確立しようとして起こした一揆。室町時代には在地勢力として二つの階層があった。一つは在地武士や鎌倉時代の地頭(じとう)の系譜を引く荘園(しょうえん)や国衙(こくが)領の郷村(ごうそん)の領主層であり、一つは荘園内部に住み自らも農業経営に携わっていた土豪・有力名主(みょうしゅ)層である。このうち国一揆の主体となったのは後者である。この土豪・有力名主層は、荘園制下においては、荘園内で有力な経営を行うとともに、領主からは下級の荘官に任命されていたのが通例である。荘官としての特権とともに、与えられていた荘官給田(きゅうでん)や得分(とくぶん)も、この層の重要な経済的な基盤となっていた。しかし、この階層は支配機構の末端に位置づけられながらも、荘園において自ら経営を行っていたため、一般の農民と利害を共通にする点が多く、したがって、村落においては指導者としての側面をもっていた。たとえば、荘園領主に対して年貢の減免を求める闘争や井料(いりょう)など農業に必要な経費を要求する闘いにあたっては、その中心となることが多かった。
 一方、このころになると、職(しき)の分化が広範化し、一筆の土地に名主職、作職、下作職といった重層的な土地所有関係が一般化してくる。直接生産者は、荘園領主に納める年貢だけではなく、地主的な得分である加地子(かじし)をも収奪されるようになってくる。農民が借銭や借米の返済が不可能になり、土地を売却して、買い手への加地子の支払いを条件に、その後も耕作を認められるという関係(地主―小作関係)が発生する。逆にいえば、加地子得分を目的とする土地所有が一般化してくるのである。このような土地集積は、酒屋・土倉(どそう)に代表される高利貸資本によって進められてくるが、この動きを阻止するための徳政(とくせい)一揆が頻発するようになってきた。このような、荘外からの高利貸資本による収奪に反対する闘争では、土豪や有力名主層も農民たちと利害が一致し、指導者としてともに闘うことができた。
 ところが、応仁(おうにん)の乱(1467~77)を迎えるころになると、土豪・有力名主層自身も加地子得分の集積を行うようになってきた。しかも、職の分化が以前よりも広範囲にわたるようになってきたので、その土地集積はかなり大規模なものとなっていった。その結果、これらの層と農民層の利害は、かならずしも一致しなくなってきた。荘園領主に対しては共同して闘えても、徳政一揆には利害が対立するようになってきたのである。ところで、この加地子得分は荘園制によって保障されたものではなかった。もともと得分売却による職の分化は、農民の土地保有・耕作権を守るための行動によって成立したものである。したがって、加地子得分を保障してきたのは村落の共同体規制であった。しかし、土豪層の土地集積によって、農民層との間に亀裂(きれつ)が生じると、共同体規制だけでは加地子得分を保障するのに十分ではなくなってきた。そこで、これを守ろうとする土豪層の間に共通の利害が生じ、広範囲の連合が生じるのである。
 一方、この時代の守護大名は荘園制を前提として領国の支配を行っていた。荘園を押領(おうりょう)したり侵略することはあっても、荘園制を前提とし、荘園ごとに守護人夫や段銭(たんせん)を賦課した。また、各荘園の荘官に自分たちの被官を補任(ぶにん)させようとしたため、土豪・有力名主層たちはその荘官としての地位が不安定なものとなり、守護大名と対立するようになった。さらに守護大名が合戦を繰り返している場合には、彼らの生活や生命に大きな危険を与えることになった。国一揆はこのような守護支配の排除を目的にして起こされたのである。したがってそれは、多くの場合に反守護闘争という形で成立した。この点では農民層の要求とも一致するので、国一揆は土豪・有力名主層の連合による指導のもとに、広範な農民が蜂起(ほうき)する形をとった。また、それゆえに守護との闘いが可能であったのである。しかし、前述のように、すでに土豪・有力名主層との間には新しい矛盾が形成されていたのである。その経緯をもっとも詳細に伝えてくれるのが、1485年(文明17)に南山城(やましろ)で起きた山城国一揆である。[黒川直則]
『中村吉治著『土一揆研究』(1974・校倉書房) ▽稲垣泰彦・戸田芳実編『土一揆と内乱』(1975・三省堂) ▽青木美智男他編『一揆の歴史』(1981・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くに‐いっき【国一揆】
〘名〙 室町時代、国衆、国人と呼ばれる在地土豪や武士たちが、守護や荘園領主に対抗して起こした一揆。文明一七年(一四八五)守護勢力の排除をめざして興起した山城国一揆はその代表的なもの。
※実隆公記‐文明一七年(1485)一二月一〇日「自御牧注進状到来、畠山両家勢為国一揆相退一レ之、仍寺社本所領可先々云々」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

国一揆
くにいっき
南北朝〜室町時代にかけて国人・国衆など在地小領主を中心とする一揆
守護大名の支配に対し,国人・国衆と呼ばれる在地の有力名主・地侍が自己の領主権を確保しようとして,惣の土民を指導し,連合して一国的規模で一揆をおこした。1485年の山城国一揆は特に有名で,守護畠山氏の勢力を排除して8年間自治を行った。政治的色彩の濃い土一揆といえよう。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国一揆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国一揆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.