Rakuten infoseek

辞書

国の守【クニノカミ】

デジタル大辞泉

くに‐の‐かみ【国の守】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くにのかみ【国の守】
国司の長官。くにのつかさ。 -、いつきの宮のかみかけたる、狩の使ありと聞きて/伊勢 69
近世、大身の大名のこと。国主こくしゆ大名。 -の奥方こそ自由に花麗なれ/浮世草子・一代女 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くに【国】 の 守(かみ)
① 令制の官職。国司(、介、掾、目)の長官。大宝令、養老令で国内の行政司法警察以下の全てを掌ると規定され、地方組織の中心となった。国司。国宰。くにのつかさ。くにのみこともち。
※伊勢物語(10C前)六九「くにのかみ、斎宮のかみかけたる、狩の使ありとききて」
② 江戸時代、大身の大名のこと。国持(くにもち)。国主大名(こくしゅだいみょう)
浮世草子・好色一代女(1686)三「女のにはためしなき事なるに、国(クニ)の守(カミ)の奥がたこそ自由に花麗なれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国の守」の用語解説はコトバンクが提供しています。

国の守の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.