Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

固体酸触媒【こたいさんしょくばい】

世界大百科事典 第2版

こたいさんしょくばい【固体酸触媒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

固体酸触媒
コタイサンショクバイ
solid acid catalyst

表面酸性点にもとづく触媒作用を示す固体触媒.炭化水素の異性化重合アルキル化クラッキングオレフィンの水和,およびその逆反応であるアルコールの脱水などに触媒作用を示す.工業的には,均一液相系と比べて,触媒と反応物質の分離が容易に行われる利点がある.酸性にもとづく触媒作用であるから,反応は,カルベニウムイオンあるいはオキソニウムイオンが中間体になり進行する.また,有機塩基あるいはアルカリを添加すると活性が失われる.シリカ-アルミナ触媒ゼオライト触媒などのほか,アルミナにフッ素塩素などのハロゲンを加えて酸性を強めた触媒もよく用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

固体酸触媒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

固体酸触媒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.