Rakuten infoseek

辞書

【ズ】

デジタル大辞泉

ず〔ヅ〕【図】
物の形や状態を描いたもの。絵図・地図・図面など。「掛け」「見取り
点・線・面が集まって一つの形を構成しているもの。図形。
物事のようす。状態。「見られたではない」
考えどおり。思うつぼ。
「謀(はかりごと)の―を外させ」〈浄・矢口渡
くふう。計画。
「何にてもあたらしい思ひつき、今迄ない―を案ずるに」〈浮・敗毒散・一〉
十二律の各音階の正しい調子を書き表したもの。
「当寺の楽は、よく―を調べ合はせて」〈徒然・二二〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ず[接頭]
[接頭]動詞・形容詞などに付いて、とびぬけている、度外れている、などの意を添える。「抜ける」「太い」
[補説]「図」「頭」を当てて書くことが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ず【図〔圖〕】[漢字項目]
[音](ヅ)(呉) (漢) [訓]はかる
学習漢字]2年
〈ズ〉ある枠の中にものの形をえがいたもの。「図案図画図鑑図形図示図書(ずしょ)図表絵図系図構図縮図製図地図付図略図
〈ト〉
絵。また、本。「図書(としょ)画図
地図。「版図
思いはかる。「意図
計画。はかりごと。「企図壮図雄図
[名のり]のり・みつ
[難読]図図(ずうずう)しい図体(ずうたい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と【図】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かた【図】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

と【図】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ず【図】
絵。絵画。
地図。図面。 「地形-」 「設計-」
〘数〙 点・線・面からなる形。図形。
ねらいどころ。よい機会。 「此-を外さず甲鉄艦を撃沈めよと/近世紀聞 延房
たくらみ。計画。企図。 「有りやうは九郎兵衛を下へくだした跡での事と思ふたが-へいかぬ/浄瑠璃・夏祭」
様子。光景。 「嶋原の門口につゐに見ぬ-なる事あり/浮世草子・一代女 2
雅楽で、音律の標準となる調子を書き表したもの。 「当寺の楽はよく-をしらべあはせて/徒然 220

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

【図】
〘名〙
① 人や物の形や様子などを描いたもの。絵。絵画。
※今昔(1120頃か)六「天竺より胎蔵界の曼陀羅の図を震旦に持来て」 〔漢書‐芸文志〕
② 地図。図面。
※東南院文書‐神護景雲元年(767)一一月一六日越中国司解「検校東大寺墾田野地并図、具件如前」 〔戦国策‐燕策下・王喜〕
③ 奈良・平安前期、全国的に作製され、民部省・国衙に保管された田地の図。耕作者と耕作状況が記載されている。
※承和二年東寺領国判(835)「捌野田里〈略〉陸坪参段拾捌歩 東寺。図一町七反東寺」
④ 条里制の条(じょう)の別称。八世紀頃、田地を直交する条と里(り)により地割し、一辺六町の正方形の田地の区画を作った。その一方の区画線。
※高野山文書‐保延元年(1135)一二月二九日・某庄田畠桑并在家等検注状案「一図 一里三町七段百二十歩」 〔日知録‐巻二二・図〕
⑤ 光景。様子。事柄。
※虎明本狂言・居杭(室町末‐近世初)「此おやしきの図は、五百八十年、万々年、御寿命長おん富貴御子孫御はんじゃう、めでたひおやしきで御ざる」
※抱擁(1973)〈瀬戸内晴美〉二「匡子が街を歩いたり、買物をしたりしている図を想像することも出来ない」
⑥ 物事の正しい基準、やり方などを書き表わしたもの。また、その基準。
※教訓抄(1233)七「まづ舞曲の体拝を習ふといふは、その図(ヅ)あるべし」
⑦ 数学で、点、線、面などの集合でできている形。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕
⑧ 限り。際限。方図。→図(ず)がない
※浮世草子・傾城禁短気(1711)四「我も又世の中の大臣共がせぬ、図にはづれた事をせん」
⑨ あれこれ考えて立てたてだて。趣向。工夫。考案。計画。また、はかりごと。
※太平記(14C後)二九「則ち京都へ寄られ候はば、などか思ふ図に合戦一度せでは候ふべき」
⑩ 予期したところ。ねらいどころ。ねらう時期。よい機会。思うつぼ。ずぼし。
※史料編纂所本人天眼目抄(1471‐73)六「百の物は百、二百の物は二百に買が図のねだぞ」
※歌舞伎・夜討曾我狩場曙(1874)序「とやせんかくやと思ふ内、又候工藤左衛門が富士野の狩は天の与へ、この図を外さず討取らんと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ず‐・す ヅ‥【図】
〘他サ変〙
① 絵として描く。
※今昔(1120頃か)六「再び大曼陀羅を図して大壇場を儲く」
② 意図する。はかる。
正法眼蔵(1231‐53)古鏡「坐禅はなにごとをか図する」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と【図】
〘名〙
① 絵。絵図。ず。
② はかりごと。計略。
③ 中国の伝説で、伏羲氏のとき、太平の瑞祥として黄河から神秘な図形を背に描いた龍馬があらわれたというその図。八卦のもととなったとされる。河図(かと)
※懐風藻(751)仲秋釈奠〈藤原万里〉「悲哉図不出、逝矣水難留」 〔易経‐繋辞上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

図の関連情報

他サービスで検索

「図」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.