Rakuten infoseek

辞書

図案【ズアン】

デジタル大辞泉

ず‐あん〔ヅ‐〕【図案】
美術品・工芸品や一般工作物の製作に際し、あらかじめ意匠考案を図に表したもの。また、装飾に用いる模様。デザイン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ずあん【図案】
ある物を製作するための下絵として、それを図にかきあらわすこと。デザイン。 -家
装飾的に描かれた模様や柄。 英語 design の訳語。松原岩五郎最暗黒之東京(1893年)にある

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ず‐あん ヅ‥【図案】
〘名〙 形・色などを美的に配合し、装飾その他に利用するため図に表わすこと。また、その図の柄や模様。美術工芸品および一般工作物の製作のために、意匠や考案を表現した図。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉四「決して彼の古昔の名匠大家等が経営せし図案(ヅアン)に異なるなければなり」
※桑の実(1913)〈鈴木三重吉〉一七「こなひだから色んな柄を図案して慰み半分に縫ってお出でになるのであった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図案」の用語解説はコトバンクが提供しています。

図案の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.