Rakuten infoseek

辞書

囲炉裏【イロリ】

デジタル大辞泉

いろり〔ゐろり〕【囲炉裏】
室内のの一部を四角に切り抜いてをたくようにした場所。暖房煮炊きに用いる。 冬》「大原女の足投げ出して―哉/召波」
[補説]「囲炉裏」は当て字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いろり【囲炉裏】
室内の床を四角に切って火を燃やし、暖をとったり煮たきをしたりする所。炉。ゆるり。 [季] 冬。 大原女の足投出して-かな /召波 囲炉裏は当て字

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

いろり【囲炉裏】
民家の床の一部を四角く切って火をたけるようにした設備を敷きつめ、その上で炭やを燃やし、食物の煮炊(にた)きや暖房などに使う。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いるり ゐるり【囲炉裏】
※太平記(14C後)三六「火を焼(たき)(イルリ)を囲む人は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆるり【囲炉裏】
〘名〙 屋内の床を四角に仕切って火をたき、煮炊きや暖房などに用いる場所。いろり。
※極楽寺殿御消息(13C中)第九条「ゆるりのふちこゆべからず」
※咄本・百物語(1659)下「だんな参りて、炉(ユルリ)のほとりに火せせりして咄しゐけるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

囲炉裏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

囲炉裏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.