Rakuten infoseek

辞書

【コン】

デジタル大辞泉

こん【困】[漢字項目]
[音]コン(呉)(漢) [訓]こまる
学習漢字]6年
動きがとれず苦しむ。こまる。「困却困窮困難困憊(こんぱい)困惑貧困

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう・じる【困】
〘自ザ上一〙 (サ変動詞「こうずる(困)」の上一段化したもの) =こうずる(困)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こま・る【困】
〘自ラ五(四)〙
① どうしてよいかわからなくて苦しむ。処置判断のしようがなくて悩む。もてあます。
※俳諧・俳諧勧進牒(1691)上「寒さにはこまりながらも芳野哉〈観活坊〉」
② 物がなくて苦しむ。欠して難儀する。逼迫(ひっぱく)する。窮する。
滑稽本・浮世床(1813‐23)初「行所のない時居るつもりト寐所にこまる時泊るあてに」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「日々の小づかひにもこまらないし」
③ 被害を受ける。迷惑する。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「兎角おとっさま殿があまやかし過てこまります」
④ (「こまった」の形で連体修飾語として用いて) 手に負えない状態になる。扱いに苦しむ。
※真理の春(1930)〈細田民樹〉島の噴煙「困(コマ)った青年が今朝こちらへ、東京を発(た)ったらしいんですわ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん【困】
〘名〙 易の六十四卦の一つ。。上卦は兌(だ)(=沢)、下卦は坎(かん)(=水)。沢水困ともいう。沢の水がことごとく下に漏れているかたち、進退に窮するさまを示す。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

困の関連情報

他サービスで検索

「困」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.